編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

サイベース、高速DWH向けデータベースの最新版「Sybase IQ 15.1」を発表

ZDNet Japan Staff

2009-07-16 18:27

 サイベースは7月16日、高速データウェアハウス専用データベースの最新版「Sybase IQ 15.1」を発表した。出荷開始は2009年11月初旬を予定している。

 「Sybase IQ」は、高速データウェアハウスの構築に特化した専用データベース管理システム。集計、分析処理を最適化するための独自のアーキテクチャにより、高速なレスポンス、柔軟な分析、高効率のデータ圧縮、容易な運用管理を実現しているという。サイベースによれば、最新版のSybase IQでは、汎用データベースと比較した場合、検索スピードが10倍以上、データロード時間が最大15分の1、ストレージ容量が最大10分の1に削減されるケースもあるとする。

 サイベース、マーケティング本部本部長の冨樫明氏は、近年のデータ分析、BIの用途が、従来のタイムスパンが比較的長い「戦略的」なものから、より短かい周期の「戦術的」なものへ、さらにリアルタイムに近く利用者の数も広い「日常業務の一部」となりつつある点を指摘。「より多くのユーザーが、より詳細かつ多様で大量のデータを、早く、低コストで分析したいというニーズは、今後も増大する」とした。Sybase IQ 15.1では、そうしたニーズに応えるための機能強化、販売施策を展開するという。

 新バージョンでは、マルチコアプロセッサの持つ複数のコアを有効活用できる「並列クエリ処理」が可能になっている。これにより、標準的なマルチコアCPUを搭載したハードウェアでのパフォーマンス向上が可能になる。また、管理コンソールの使い勝手の向上、よりリアルタイムに近い分析を可能にするマルチノードローディング機能などが搭載されている。また、VLDB管理機能の強化により、テーブルスペース設定やパーティショニングが可能になった。これにより、大容量データの保存にあたって、ストレージを効率的に利用できる。

 さらに、ストアドプロシージャへの対応により、データベース内部での高速な分析処理が行える。インデータベース分析用のライブラリとしては、Fuzzy Logixの「DB Lytix」を採用し、処理が可能なデータボリュームとスループット、計算精度のバランスのとれた高速な分析が可能としている。そのほか、EclipseベースのIDEを利用した、分析アプリケーションのモデリングや開発への対応、対象データのライフサイクルポリシーを定義、作成、追跡、管理できるILMモデリング機能などが追加されている。

 サイベースでは、Sybase IQ 15.1を、高速なデータマートから、全社基盤としてのセントラル・データウェアハウスまでの構築と運用を支えるソリューションとして販売していく計画だ。Sybase IQ 15.1には、中小・中堅企業向けの「Small Business Edition」(圧縮後データ量250Gバイトまで)と、大規模向けの「Enterprise Edition」の2つのエディションが用意される。価格は、Small Business Editionが、1コアあたり420万円(税別、4CPUコアライセンスでのセット販売)、Enterprise Editionが1コアあたり1008万円(税別)。なお、いずれのエディションも複数コアでの利用にあたっては、コア単位で最大50%の割引価格が適用される。

Sybase IQ Sybase IQの管理ツール、Sybase Centralでのリソース使用率監視画面。最新版では、並列クエリ処理により、CPUの持つ複数のコアを有効に活用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
サイベース
開発

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]