編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、Office 2007 SP2日本語版の自動更新を9月22日に開始

ZDNet Japan Staff

2009-08-21 16:25

 マイクロソフトは8月21日、「2007 Microsoft Office system Service Pack 2」日本語版の、Windows UpdateおよびMicrosoft Updateによる自動更新を9月22日より開始すると発表した。

 2007 Microsoft Office system Service Pack 2(Office 2007 SP2)は、Office 2007のデスクトップおよびサーバ製品について、過去にリリースされたセキュリティ更新プログラムと、バグ修正更新プログラムをまとめたもの。

 同社では、SP2の適用により、Open XML、Open Document Format(ODF)、PDF、XPSといった追加のファイル形式のサポート、Outlookのパフォーマンスの向上、Office IME 2007の安定性向上、Excelにおけるグラフ作成メカニズムの機能向上、SharePoint Server 2007におけるセキュリティ、パフォーマンス、安定性についての改善などが行われるとしている。

 自動更新は、SP2が適用されていないOffice 2007の各製品がインストールされており、かつ更新プログラムを自動的にインストールするオプションが設定されているマシンに対して、9月22日以降に順次実施される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]