ウォッチガード、ITレスキューと中小向けUTM販売で協業--リモート監視・管理サービスを展開

ZDNet Japan Staff

2009-08-26 14:39

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは8月25日、ITレスキューと、ウォッチガードのUTM(Unified Threat Managemant:統合脅威管理)ソリューション「Firebox X Edge」の製品販売において協業を行うと発表した。

 今回のパートナーシップに基づき、ITレスキューは「Firebox X Edge」をセキュリティアプライアンスとして個人事業者(SOHO)、中小企業市場向けに提案し、ウォッチガードの管理ツール「WatchGuard System Manager」を活用したリモート監視・管理サービスである「RESCUE Watcher(レスキューウォッチャー)」を開始する。

 Firebox X Edgeは、ウォッチガードの小規模・中小企業向けUTMセキュリティアプライアンス。ウイルス対策、迷惑メール対策、ウェブフィルタリングといった、ネットワークセキュリティ機能を包括的に提供する。ITレスキューでは、このアプライアンスのセキュリティ機能と一元管理機能を評価し、「RESCUE Watcher」への採用を行ったという。

 両社では、今回の協業により、全国の中小企業に、必要なセキュリティソリューションが容易に導入でき、ユーザーのネットワーク環境のセキュリティを高めると同時に、企業のITコスト削減も実現できるとしている。

 参考価格は、Firebox X Edgeが約17万円より。RESCUE Watcherが、監視・管理対象のアプライアンス1台につき約2500円/月より。RESCUE Watcherは9月1日にサービス開始を予定。両社では、今回の提携に基づくFirebox X Edgeの初年度販売目標を3000台としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]