編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Windows Server」旧バージョンサポート終了の警告を開始

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-09-20 06:52

 Microsoftはクライアント側で「Windows XP」サポートのフェイズアウトを警告しているが、「Windows Server」側でも同じことを開始した。

 Windows Server部門公式ブログの米国時間9月15日付の記事で、Microsoftは「Windows 2000 Server」「Windows Server 2003」の顧客向けのサポート期限が近づいていると警告している。

 Microsoftは、“メインストリーム”その後は“延長”として、ほとんどの企業顧客に10年間のサポートを提供している。メインストリームと延長の違いは、Microsoftがセキュリティ関連以外の修正をする・しないにある。メインストリームサポートでは、Microsoftはセキュリティ以外の修正プログラムを無償で提供していた。延長サポートでは、顧客はセキュリティ以外の修正プログラムが有償となり、メインストリームサポートが切れた後90日以内に延長修正プログラムサポート契約を申し込む必要がある(Software Assuranceに加入している場合は、メインストリーム終了後90日が経過した後でも購入できる)。

 今週、MicrosoftはWindows 2000 Serverの延長サポートは2010年7月13日まで、と通知した。つまり、2010年7月13日で「Windows 2000 Serverは公式にはサポートされない」が、顧客はセルフヘルプのオンラインサポートを受けられる、ということになる。

 (セルフヘルプオンラインサポートでは、「Knowledge Base」の記事、FAQ、トラブルシューティングなどにアクセスできる。このタイプのサポートは、Microsoftの製品のライフサイクル全体、さらに製品がサポート期間終了した後も12カ月間は利用できる。)

 このほかにも、Windows Server 2003と「Windows Server 2003 R2」も2010年7月13日にメインストリームサポートの期限が終了する。その後は延長サポートとなり、Microsoftは無償のセキュリティ関連の修正プログラムと有償サポートを提供する。つまり、9月15日のブログによると、「延長サポート期間に開発されたセキュリティ以外の修正プログラムは、延長修正プログラムサポート(EHS)に申し込んでいる顧客のみに提供される」ことになる。

 Microsoftはまた、Windows Server 2003のService Pack 3についても触れている。それによると、3回目のService Packの提供予定はないとのことだ。

 Microsoftはクライアント側で、XPのサポート(無償のメインストリーム)が今年4月に終了したと警告し、「Windows 7」へのアップグレード奨励を狙っている。サーバチームも同じ戦術を利用し、Windows Serverの古いバージョンを利用する顧客に「Windows Server 2008 R2」へのアップグレードを検討してもらおうという狙いのようだ。

 Windows 7とWindows Server 2008 R2は7月にRTM段階に入っており、8月/9月にボリュームライセンスユーザー向けにリリースされている。多くの企業顧客が“待ち”の姿勢をとる中、MicrosoftはService Packの提供を通じて企業顧客が最新バージョンのクライアントとサーバを使った実装を開始するキャンペーンをスタートしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]