編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、大手町にテクノロジーセンターを開設--都心で大規模システムの検証が可能に

大河原克行

2009-10-01 15:40

 マイクロソフトは、東京・大手町に「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」を開設する。10月6日のオープンに先駆け、報道関係者に同センターの内容を公開した。

 同センターは、大手センタービルの1階および13階に設置。主な機能は2つあり、ひとつはエンタープライズ企業のシステムライフサイクル全般のサポートすることを目的に、企業の意思決定者に対して、体験型ブリーフィングを提供する「マイクロソフトテクノロジーセンター」。もうひとつは、ベンチャーや中小企業向けの独創的なアイデアの実現、相互運用性・相互接続性向上のための技術支援など、日本発のイノベーション創出の拠点となる「マイクロソフトイノベーションセンター」だ。セミナーやトレーニング、技術検証、商談などで利用するという。

大手センタービル 「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」が入居する大手センタービル。東京駅、大手町駅から歩いて行ける一等地。

 同社では、これまでにも新宿本社内に、「マイクロソフトテクノロジーセンター(MTC)」「エグゼクティブブリーフィングセンター(EBC)」を持ち、さらに調布技術センター内には「マイクロソフトイノベーションセンター(MIC)」を持っていたが、これらを新たにマイクロソフト大手町テクノロジーセンターに統合する。

トポロジーラボ 約330台のワークステーションが配置されるトポロジーラボ(写真)。300台のサーバが置かれたサーバルームも別途設置されている。

 約500坪の床面積に、300台のサーバ、約330台のワークステーション、500TB以上のストレージなどを配置し、検証などが行える。導入されているサーバ、ストレージ、電源、ネットワーク機器などは、パートナー企業16社で構成されるセンターアライアンスメンバーの協力によって集められた。

平野拓也氏 マイクロソフト執行役常務、エンタープライズビジネス担当の平野拓也氏

 マイクロソフト執行役常務、エンタープライズビジネス担当の平野拓也氏は、「仮想化、ユニファィドコミュニケーションセンター、クラウドコンピューティングといった観点では、過去に例がないほど問い合わせがある。こうした要求に対して、マイクロソフトのサービスの提案だけでなく、パートナー企業との連携強化のもとでユーザー企業を支援していく必要がある。マイクロソフト大手町テクノロジーセンターは、マイクロソフトがエンタープライズ事業を加速する上で重要な拠点になる」とする。

加治佐俊一氏 マイクロソフト最高技術責任者、業務執行役員の加治佐俊一氏

 また、マイクロソフトの最高技術責任者、業務執行役員の加治佐俊一氏も補足するように、「パートナー連携の拡大、相互運用性・相互接続性向上の推進、環境問題などの社会的課題解決の共同研究の推進、製品品質検証のパートナー連携強化といった点が加速できる。一方、調布の施設に比べて消費電力は90%に抑えながら、処理能力は1.5倍に拡大している。最新の技術を活用して実現したものであり、空調コストも大幅に削減している」という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]