編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ついにデザイナーも対象に--「Adobe MAX 2009」いよいよ開幕

柴田克己(編集部)

2009-10-05 18:23

 Adobe Systemsは米国時間10月4日から7日まで、デザイナー、デベロッパー向けカンファレンスである「Adobe MAX 2009」を、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのLos Angeles Convention Centerで開催中だ。4日はプレカンファレンスデーとなっており、5日午前9時半よりNokia Theatreにおいて行われる、CEOのShantanu Narayen氏やCTOのKevin Lynch氏らによる基調講演をもって、本格的にカンファレンスの幕が切って落とされる。

LACC アドビのロゴもまぶしい、MAX開催中のLos Angeles Convention Center

 今年のMAXのテーマは「CONNECT. DISCOVER. INSPIRE.(つながる。見つける。刺激される。)」だという。Flash Platformについては、あらゆるクライアント環境にFlashランタイムを拡大していく「Open Screen Project」の最新の進捗動向についての報告があるだろう。

 また、今回のMAXでは「ソーシャルコンピューティング」「クラウドコンピューティング」とアドビのRIA技術との新たな関係を促す発表があるとの予想もある。フロントに強く依存するFlash Platformだけでなく、バックエンドや開発ライフサイクルの効率化、RIAアプリケーションのサーバサイドハブとしての役目を担う「Flex」「ColdFusion」「LiveCycle」といった各製品群にも新たな動きがありそうだ。

Nokia Theatre 基調講演が行われるのは、LACCのすぐそばにある「Nokia Theatre」

 加えて、アドビが近年買収なども含めて拡充を図っている「SaaS」の分野についても、「Scene7」「Adobe Flash Platform Services」「Acrobat.com」などに続く、新たなサービスが披露されるのではないかとうわさされている。

5日は日本人による初のセッションも

 なお、10月6日には、「introduction to the Spark Project and FLARToolkit」と題された、Adobe MAXでは初の、日本人によるセッションが予定されている。このセッションの様子と聴講者たちの反応なども、取材を通じてお伝えしていきたい。

 CNET JapanZDNet Japanbuilderでは、今回の「Adobe MAX 2009」については、基調講演やセッション取材をもとにした国内記事と、期間中に発表される最新動向に関する翻訳記事を会期終了まで掲載していく予定だ。

 なお、今回のMAX 2009では、「Twitter」上でこのイベントに関することをつぶやく際に「#adobeMAX」なるハッシュタグを付加して行うことを会場で推奨している。Twitterユーザーであれば、検索窓からこのハッシュタグを打ちこむことで、よりリアルタイムな会場のナマ様子を知ることができるのではないだろうか。

シャトルバス 会期中は、ダウンタウン近くのホテルなどから「Adobe MAX」ロゴを車体に張ったシャトルバスが定期的に運行される。
カンファレンス会場 この写真を撮影した4日は「プレカンファレンスデー」。多くの人(私を含む)が、翌日以降のカンファレンス参加のためにLACCへレジスト(登録)に訪れた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]