編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS幹部、アップル対策やWindows 7以降の世界を語る - (page 3)

藤本京子(編集部)

2009-10-07 20:11

「ソフトウェア+サービス」はさらに進化する

 Windows 7の発売が間近となった今、すでにWindows 7以降のOSについての憶測も出てきているが、今後のOSの方向性はどうなっていくのだろうか。

 Huston氏は、これまでのMicrosoftの歴史を振り返り、「例えば15年前のわれわれのソフトウェアは、すべてがオフラインで利用するものばかりだった。当時はオフラインでコンピューティングすることが当たり前だったからだ。それが今では、ほとんどのPCがインターネットにつながるようになり、インターネットサービスがより現実味をおびてきた。オフラインで使っていたものが、オンラインサービスで補完されるようになってきたのだ」と話す。

 「Windows XP SP2で自動アップデートを開始したのがMicrosoftにとってのオンラインサービスの本格的な始まりだ。PCが自動的にクラウドに接続し、OSを更新するようになった。自動更新でウイルスからユーザーを守るため、Microsoftでは自動アップデート用のデータセンターも用意した。また、Office製品もウェブ上で使えるようになったし、世界中にいる3000万人のXboxユーザーのうち3分の2はオンラインでゲームを楽しんでいる」(Huston氏)

 Windows 7が軽いOSになったのも、「ソフトウェアの一部をクラウド化できたためだ」とHuston氏。Microsoftが推進する「ソフトウェア+サービス」のビジョンでも、「オフラインのソフトウェアとオンラインのサービスが補完し合うことを想定しており、Windows OSもリリースを重ねるごとにインターネット接続を前提に考えるようになった。オンラインサービスの占める部分は確実に大きくなりつつある」とHuston氏は説明する。

 しかしHuston氏は、「すべてがクラウドに移行するとは思わない」と述べる。Microsoftが提供するサービスの中にもクラウドだからこそできるサービスがあることは同氏も認めつつ、「それでもすべてのPC体験を得るためにはオフラインを排除するわけにはいかない。それに、いくらブロードバンド化が進み接続性が良くなったとはいえ、ローカルマシンの能力を使って動かした方がパフォーマンスがいいことも事実だ」と話す。

 「PCそのもののパワーは大きい。その能力を使わず、インターネット接続だけに頼るのはマシンの無駄使いだ。それに、クラウドを推進している競合企業でさえ、クライアントソフトウェアを開発しようとしているではないか」(Huston氏)

 ソフトウェア+サービスのビジョンを推進するMicrosoftでは、開発グループにも大きな変化が起こっているという。これまでソフトウェアの製品サイクルは通常約3年だったのが、オンラインでは常にアップデートが行われるためだ。そのため「Microsoftでも開発は2つのグループに分かれ、1つのグループはこれまで通り3年サイクルで、もう1つのグループは常にアップデートすることを念頭に開発している」とHuston氏は説明する。

 こうした流れの中、「Windows 8やWindows 9と呼ばれるかどうかはわからないが、未来のOSはよりクラウドを考えたものになるだろう。携帯電話やテレビなどデジタルデバイスとの接続性も増し、デジタルライフスタイル全般とPCが統合されていくことになる」とHuston氏は述べた。

Huston氏Windows 7のパッケージを持ってアピールするHuston氏。インタビュー時の飲み物は、同氏が前職でシニアバイスプレジデントを務めていたStarbucks Coffeeのもの。「いつもこれを飲んでいる」とのことだ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]