編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シマンテック、総合セキュリティソフト「ノートン360」最新版ベータを公開

ZDNet Japan Staff

2009-10-30 12:45

 シマンテックは10月30日、総合型セキュリティ製品の最新版「ノートン360バージョン4.0日本語パブリックベータ版」を同社ベータサイトで公開した

 公開されたベータ版には、シマンテックが開発し、すでに「ノートンインターネットセキュリティ2010」と「ノートンアンチウイルス2010」に搭載されている新たなセキュリティモデル「Quorum」(コードネーム)が、導入されている。

 Quorumはサイバー犯罪に対応するアプローチとして、ファイルの作成時期、ダウンロード元、デジタルシグネチャや普及率といったデータからファイルの特徴を分析し、ファイルのレピュテーション(評価)を判別する技術。レピュテーションは時間の経過と共に変化するため、Quorumではレピュテーション情報を常に更新し続けるという。第三者機関である英国のDennis Technology Labsが行ったテストでは、一緒にテストされた10種のセキュリティ製品のうち、唯一100%の脅威検出に成功したとしている。

 また、今回公開されたノートン360バージョン4.0パブリックベータ版では、セキュリティとパフォーマンスの改善に加えて、PCチューンアップ、バックアップといった機能を強化。起動マネージャを使うことで、起動と同時に立ち上がるアプリケーションを制御、遅延させることが可能になっており、起動時間の短縮が可能という。また、マイクロソフトの最新デスクトップOSである「Windows 7」にも対応している。

ノートン360バージョン4.0日本語パブリックベータ版 「ノートン360バージョン4.0日本語パブリックベータ版」はシマンテックのサイトよりダウンロードできる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]