編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

IFRS適用睨む--ディーバ、開示情報検索システム開発会社を子会社化

田中好伸(編集部)

2009-10-30 19:07

 連結会計システム「DivaSystem」を開発、提供するディーバは10月30日、開示情報検索システムなどを開発するインターネットディスクロージャーの株式を取得して、100%子会社化することを発表した。

 2000年設立のインターネットディスクロージャーは、有価証券報告書などを開示する「EDINET」などの開示情報を検索するシステム「開示Net」、会計や監査、税務などの関連法令検索システム「e法令集」などを開発、販売している。膨大な開示情報や法令を高速検索、閲覧できる同社のシステムは、監査法人をはじめとした会計や税務の専門家から高い評価を受けているという。

 同社は今後、検索対象となる情報を海外市場の開示情報や国際会計基準(IFRS)関連法令へ拡大することで、IFRSを基準にした連結経営やIR活動をサポートするとしている。

 ディーバは、インターネットディスクロージャーを子会社化することで、日本市場でのIFRS適用に備えたソリューションを拡充、企業ユーザーのIFRS適用に貢献できるようなソリューションを提供していきたいとしている。今回の買収は、ディーバにとって初めての買収となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]