編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通、PSLXプラットフォームに対応した製造業向け生産スケジューリングシステムを発売

ZDNet Japan Staff

2009-11-17 17:16

 富士通は11月17日、製造業界向けに、基幹業務システムと連携し、製造現場に導入されている製造管理システムの製造スケジュールを管理する「GLOVIA/SCP FA V8」の販売を開始した。

 富士通によれば、近年の製造業においては、工場における在庫削減や工程の合理化を目的とした「生産スケジューリングシステム」の導入が進んでいるという。生産スケジューリングシステムでは、基幹業務システム(ERP)で管理されている日単位の生産予定をもとに、製造現場で必要となる時間、分、秒単位の生産予定を、生産設備や段取りといった製造現場のさまざまな制限や制約を考慮して立案する。導入にあたっては、ERPやMESシステム(Manufacturing Execution System、製造実行システム)とのシステム間データ連携が必須となる。

概念図 GLOVIA/SCP FA V8による生産スケジューリングのイメージ

 GLOVIA/SCP FA V8では、製造上の「人」「機会」「材料」「方法」といったさまざまな制約を考慮した計画立案が可能。また、立案の結果はガントチャート、負荷グラフ、集計表などの形で出力でき、多角的な評価や修正を行うことができる。ユーザーは、基幹システムで作成した生産予定と、製造管理システムで作成した製造計画を連携させ、製造現場における製造ラインの効率的な運用や、部品などの在庫の最適化が行えるとする。

 また同製品では、「PSLXプラットフォーム」に準拠したデータ連携機能を提供する。PSLXプラットフォームは、複数の業務パッケージを連携させることを目的にNPO法人ものづくりAPS推進機構が提供している、製造業向けインフラ。同製品では、PSLXプラットフォームを介して、基幹業務システムから生産予定を取り込み、スケジューリング結果である作業オーダーを製造管理システムへ伝達することが可能になっている。これによって、従来の基幹システムと製造管理システムでデータ連携を行うシステム構築に比べ、構築費用、期間を約50%削減することが可能になっているとする。富士通によれば、PSLXプラットフォームに準拠した生産スケジューリングシステムは同製品が世界初という。

 価格は、計画立案を行う「GLOVIA/SCP FA V8 APS」が470万円(税別)。実行スケジューリングを行う「GLOVIA/SCP FA V8 スケジューラ」が300万円(税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]