編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通、企業活動のすべてをXMLで記録、管理する新製品--監査時の手間を大幅に軽減

ZDNet Japan Staff

2009-10-26 16:47

 富士通は10月26日、企業内のすべての業務活動を記録するソフトウェア「Interstage XML Business Activity Recorder」の販売を開始した。

 同製品では、販売や会計パッケージソフト、独自アプリケーションソフトなど、企業内に存在する複数の業務システムに存在するデータを、XML形式で一元的にデータベースに記録。利用者それぞれの用途に合わせてデータを高速に活用することを可能にする。企業はこの製品を利用することにより、全業務活動の記録として管理されているデータベースに基づいて、経営者、事業管理者などの立場や役割に応じた観点、角度での分析が行え、経営の品質や、業務管理の精度と効率を向上させることができるとしている。

 業務の継続的な改善、コンプライアンス管理、監査などを目的に、全社の業務データを一元的に把握することが必要なとき、そのためのデータの収集にかかる時間や労力を大幅に軽減できるとしている。同社がミドルウェア「Interstage」で培ったデータの汎用的な処理技術と、統合ERPパッケージソリューション「GLOVIA」における業務データを明細単位で記録、活用するノウハウを融合したソフトウェアだという。

 Interstage XML Business Activity Recorderでは、複数の業務システムで処理されるすべての明細データを収集するため、各業務システムを横断的に結ぶサービスバスを経由した非同期メッセージング処理を行う。この方式を採用したことにより、業務を止めずに、情報をもれなく記録できるという。また、収集したデータをXMLフォーマットで管理することで、業務システム側のデータ形式の変更にも柔軟に対応できるとしている。

 そのほか、データの修正や取り消しの履歴までをすべて記録することで、現在にいたるまでの経緯をすべて保存できるほか、独自の「SIGMA検索技術」を活用することで、それぞれの集計項目に対して、事前定義を行わず、1回の検索で必要なデータを抽出できるとしている。

 Interstage XML Buisiness Activity Recorderの価格は、プロセッサライセンスで350万円から。対応プラットフォームは、Windows Server 2003/2008。クライアント環境はWindows Vista/XPに対応する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]