編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、HPと提携の狙いは打倒ヴイエムウェアか?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-01-14 15:25

 MicrosoftとHewlett-Packard(HP)が米国時間1月13日に発表した2億5000万ドルの提携の狙いについて、さまざまな意見が出ている。パブリッククラウドを狙ったものという意見もあれば、狙いはプライベートクラウドという人もいる。単に、ハードウェア/ソフトウェア/サービススタックを統合したもの(今回の発表でいう「Smart Bundles」なるもの)を提供することにより、パートナーと顧客をロックインする動きと見る人もいれば、そのどれにも当てはまらないという意見もある。

 わたしがどうしても気になるのは、この提携の発表時期--Microsoftのライバル、VMwareがメッセージングベンダーのZimbraをYahooから取得したと発表した翌日--だ。偶然同時に起こったと純粋に言い切れない気がするのだ。13日の電話会議中、HPとMicrosoftの2社は、この提携は2009年4月にさかのぼると強調していた。だが、元Microsoft幹部のPaul Maritz氏が率いるVMwareがエンドツーエンドのスタックを補完すべくZimbraを買収するといううわさは数週間前から出ていた。VMwareが、MicrosoftとHPの提携発表時期に多少(おそらくは、かなり)関与しているというのがわたしの予想だ。

 MicrosoftウォッチャーでDirections on Microsoftのアナリスト、Paul DeGroot氏は、MicrosoftとHPの3年間にわたる2億5000万ドルの提携の背後にあるのはVMwareに違いないと述べている。

 MicrosoftとHPの提携は「HPがVMwareと結んでいる関係となんら変わりはない」とDeGroot氏。「手がかりは、MSが“HPの優先的な仮想ソリューションプロバイダーの1社”であって、“優先的プロバイダー”ではないという部分だ」という。

 DeGroot氏は、HPはすでにVMware製品がフルスタックで動くサーバを販売しており、すでにVMwareの管理製品「vCenter」を自社管理ツールの「Insight」と統合していることに触れる。

 「Microsoftは仮想化戦略において、インフラの大部分を無料で提供し、管理製品で収益を得ようとしている。そのため、Microsoftにとって『System Center』を提携に入れることは重要となる」とDeGroot氏は付け加える。

 HPのハードウェア、MicrosoftとHPのインフラソフトウェア、「SQL Server」「Exchange Server」上に構築したさまざまなMicrosoftとHPのアプリケーションをバンドルしたSmart Bundlesは、オンプレミスで動かしたい顧客(特に中小規模企業)とパートナー向けに提供される。クラウドで全部/一部を動かしたい顧客向けとして、MicrosoftとHPはこれらデータウェアハウス、ビジネスインテリジェンス、オンライントランザクション処理、メッセージアプリケーションが「Azure」クラウドでホスティングされるのかどうか、その時期がいつになるのかについて明らかにしていない。

 「(最新のHPとの提携により)Microsoftは自社アプリケーションを統合できることになるが、これは流れを変えるほどのものではない」とDeGroot氏は見る。「同じアプリケーションがVMware上ですでに動いているし、VMwareはメモリオーバーコミットなどの技術を提供していることから、場合によっては(Microsoftの)『Hyper-V』で動かすよりも優れていることもある。そのため、まったく新しいビジネスではなく、ほとんどはHyper-VやSystem Centerを含まないHP/VMwareの提携でも可能だ」(DeGroot氏)。

 DeGroot氏は、「結局のところ、HPとの提携はMSにとっては必要なステップだが、(Microsoftにとって)大きな増強になるとは思えない」とまとめる。「この提携の勝者はHPだ。HPは自社、VMware、あるいはMicrosoft(あるいはXen、KVM、VirtualBoxなど)にとって最善の取引が何であろうと、顧客の選択肢を広げることができる。さらに、MSの営業部隊と提携企業を取り込むことができるのだ」(DeGroot氏)。

 驚くことでもないが、わたしが13日に話をしたMicrosoftとVMwareの代表者は、この提携におけるVMwareの要素を重要とはしなかった。Microsoftの幹部は、VMwareはMicrosoftとは違って、パブリッククラウドOS(あるいは、「Windows Server」のようなプライベートクラウドOS)を持たない、と述べた。

 HPのインフラソフトウェア・ブレード担当マーケティング・ディレクターのJeff Carlat氏は、「これは仕返しのアプローチではない」と述べる。「Microsoftは仮想化と管理分野において技術を進化させている」とHPは感じており、「(Microsoftは)データセンターにおける事業を拡大している」ために提携に至ったと語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]