編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

富士通、RDBMS「Symfoware Server V10」を発売--処理性能を従来比約10倍に

ZDNet Japan Staff

2010-01-20 15:20

 富士通は、リレーショナルデータベース(RDBMS)製品の最新版、「Symfoware Server V10」を1月20日に販売開始した。「Symfoware Server」は、メインフレーム、Unixサーバ、PCサーバといった各種プラットフォームをサポートするRDBMSで、2010年1月4日に稼働を開始した東京証券取引所の新システム「arrowhead」にも採用されているという。対応OSは、Solaris 9/10、Red Hat Enterprise Linux AS 4/5、Microsoft Windows Server 2003/2008となっている。

 新バージョンでは、データ処理を高速化するため、同社独自の技術である「ダイレクト接続機能」で通信を高速化した。また、「マルチバージョニング機能」でアプリケーションの同時実行による高速化を実現しており、トータルの処理性能を従来版の約10倍に向上させたという。そのほか、XMLデータを形式変換せずに格納できるXML DB機能の強化、JDBC、.NET Framework、XQueryといったAPIの最新版への強化を行っている。

 富士通では、Symfoware Serverとの連携パッケージ数を、今後2年間で現在の約100製品から300製品に拡大していく予定で、パートナー各社とともに、相互接続性を検証、情報公開し、大量データの活用や効率的な利用など、運用性や利便性を向上させる取り組みを行っていくとしている。

 同社では「企業は『Symfoware Server V10』により、システムの構築、運用時の開発工数やメンテナンス工数を低減し、クラウドコンピューティング基盤に適した、運用性、柔軟性の高いデータベースシステムを、短期間、低コストで構築することができる」としており、Symfoware全体で、今後2年間に4000プロセッサライセンスの販売を目指す。

 価格(いずれも税別)は、「Symfoware Server Standard Editionプロセッサライセンス V10」が160万円。「Symfoware Server Enterprise Editionプロセッサライセンス V10」が450万円。「Symfoware Server Enterprise Extended Editionプロセッサライセンス V10」が760万円。1月29日より順次出荷が開始される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]