編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Vailこと次期「Windows Home Server」の初期版がリーク

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-02-01 12:33

 「Windows Home Server(WHS)」の次期版(開発コード「Vail」)の話を久しく聞かないと思っていたが、米国時間1月27日にある読者がウェブに出回っている画像を教えてくれた。このスクリーンショットから、Vailはプライベートテストに入っているように見える。


 (ZDNetのブログ仲間、Zack Whittaker氏がVailのスクリーンショットギャラリーとYou Tubeに掲示したビデオを埋め込んでいる。こちらもチェックされたい)。

 「Windows Home Server Vail CTP4(Community Technology Preview Release 4)」と記されたものがウェブに出回っており、BitTorrentでダウンロードできる。このダウンロードページの記述によると、WHS次期版のVailはホームユーザーとSOHOユーザーをターゲットとし、「オンプレミスとクラウド技術の両方をベースに構築されたもの」という。

 以下がその記述だ。

Vailは、簡単なファイル共有、リモートアクセス、ホームコンピュータバックアップ、「Drive Extender」を利用したストレージ拡張、メディアストリーミングを家庭内・外ですぐに利用できる。アプリケーションカタログと製品全体での拡張モデルにより、ウイルス対策、オンライン共有、ホームオートメーションなどの新サービスをシームレスかつ容易に加えることもできる。

 前バージョン同様、VailはOEMシステムのプレインストール用としても提供されるし、システムビルダー向けのスタンダロンパッケージとしても提供される予定だ。

 CTP4のシステム要件は、2GHzのx64プロセッサ、1Gバイト以上のRAM、120Gバイト以上のハードドライブとなっている。対応ファイルシステムはNFTSのみだ。

 Microsoftは2009年秋、Windows Home Serverユーザーに「PowerPack」アップデートを提供した。Microsoftはその当時、次期版WHSについての話を控えていた。Microsoftの幹部は同年秋、WHSは単にホームユーザーのみをターゲットとしたのではなく、小規模企業も対象としていることについては話している。同社はWHSのポジショニングを変更し、「Windows Server」製品群のエントリレベル(「Windows Server Foundation」の下)と位置づけている。

 ダウンロードページの情報を基にすると、VailがすでにCTP4になっているのであれば、少し前に一部のプライベートテスター向けに配布されているのかもしれない。正式版が2010年中に登場するかどうかが気になるところだ。Microsoftに最新情報を問い合わせているところだ。返事があればここで紹介したい。

 アップデート:MicrosoftはVailについて一切情報を公開しないようだ。以下がWHSの代表者の回答だ。「将来の製品について話をする準備ができていない。詳細情報が手に入れば、すぐにお伝えする」。

 アップデート2:Vail CTP4をダウンロードした人がTwitterなどで、一部の機能や特徴について情報を交換している。WindowsファンのRobert McLaws氏は、Vailのコードは「Windows Server 2008 R2」を土台としており、スタンダードとプレミアムの2つのバージョンがあると述べている。別のダウンロードユーザーは、アプリケーションストアが組み込まれており、アドオンを利用できるようだと書いている。だが、このアップストアはまだ動かないとも付け加えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]