編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Windows 7」バッテリ問題:原因はバッテリ側にある、とシノフスキー氏

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-02-09 18:31

 一部ユーザーが苦情を訴えている「Windows 7」搭載機のバッテリ問題に関して、Windows担当プレジデントのSteven Sinofsky氏が介入に入った。

 Sinofsky氏は米国時間2月8日、Engineering Windows 7ブログ上で、バッテリの警告問題についてコメントを記した。バッテリの性能やテレメトリーデータについて知りたければ、Sinofsky氏のブログ記事を一読することを推奨する。時間がない場合、「これはMicrosoftの問題ではなく、ユーザーのバッテリにある」というのがSinofsky氏の結論だ。

 以下がSinofsky氏のブログの一部だ。

 われわれが手にした報告では、あらゆる場合でWindows 7は単に新機能を使ってバッテリの状態を報告しているに過ぎなかった。われわれは、単にバッテリの性能が指定の閾値を下回っていると見ている。

 Microsoftとパートナー企業は特にこの数日間、ユーザーからの報告を調査しており、Windows 7のバッテリメーター機能は問題なく動いていることを確認している、とSinofsky氏は記している。この機能は旧バージョンのWindowsにはないもので、一部のユーザーは自分のバッテリが劣化していることに気付いていなかった可能性がある、とも書いている。だが、Windows 7がバッテリを大量に食っている、あるいはWindows 7搭載PCのドライバやBIOSが正確に機能していないと報告する事実はないという。

 Microsoftは、保証されていないバッテリの有効期限の通知を受け取ったり、その他のバッテリ関連問題を抱えるWindows 7顧客に対し、自社か製造元のPCメーカーに報告するよう忠告している。Sinofsky氏はEngineering 7のコンタクトページから直接電子メールを送る、TechNetフォーラムMicrosoft Answersフォーラムを利用する、あるいは「support.microsoft.comをチェックして、自分の地域のサポートへのコンタクト情報を得る」ことなどをアドバイスしている。

 この説明で、バッテリ問題を経験しているユーザーはこれで満足となるだろうか?一方、MicrosoftにはWindows 7の信頼性に関するアップデートにまつわる問題が残っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]