編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

地銀システム共同化:千葉銀行でコールセンターシステムが稼働開始

ZDNet Japan Staff

2010-03-09 17:16

 日本IBMは、同社が受注し、2008年10月より開発していた千葉銀行の「コールセンターシステム」が、予定通り3月8日に稼働を開始したと発表した。

 このシステムは、千葉銀行、第四銀行、北國銀行、中国銀行、伊予銀行の5行が「TSUBASA(翼)プロジェクト」として、サブシステム先行方式で検討しているシステム共同化プロジェクトの一環。コールセンターシステムについては、千葉銀行、第四銀行、北國銀行の3行での共同化を進めており、2009年11月の第四銀行、2010年1月の北國銀行の稼働開始に続いて、千葉銀行においても稼働を開始した。

 千葉銀行、第四銀行、北國銀行では、共同化システムの開発の取り組みを通じて、開発ノウハウの共有、オペレーターの教育やコールセンター運用ノウハウの相互活用が可能になったという。また、 業務機能の共通化を通じて、開発費用の抑制や、今後の機能追加に対しても共同開発が可能な基盤が構築でき、開発コストの低減が見込まれるとしている。

 今回のコールセンターシステムは、「IBMチャネル共同センター・サービス」のシステム基盤を活用して構築されている。同サービスはインターネットと音声の統合チャネルを複数の金融機関で共同利用できるアウトソーシングサービスで、IBMでは構築に引き続き、システム運用やアプリケーションの保守を行っていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]