編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAPジャパン、システム運用を最適化するパートナー向け認定プログラムを開始

田中好伸(編集部)

2010-03-11 13:38

 SAPジャパンは3月11日、SAPのサービスパートナーがユーザー企業のプロジェクトでSAPシステムの運用を最適化するための基準を明確にした「Run SAP インプリメンテーションパートナー・認定プログラム」を開始することを発表した。認定に必要なトレーニングコースと認定試験を4月から開始する予定としている。

 Run SAP インプリメンテーションパートナー・認定プログラムは、方法論の「Run SAP」を理解するとともに、運用管理製品「SAP Solution Manager」の活用法を習得して、ユーザー企業のSAPアプリケーション導入プロジェクトの初期段階から運用の最適化を見据えたシステムを構築することを目的にしている。

 同プログラムの初回認定後は、一定期間を経ると再認定が必要になる。再認定では、目標設定に対する達成度評価を実施するなど、中長期的な評価が加わることから、認定基準をクリアするだけでなく、継続的なビジネス実績の拡大とサービス品質の維持が求められるとしている。

 海外では多くのサービスパートナーが、Run SAPインプリメンテーションパートナーの認定を取得しているという。日本では、アビームコンサルティングがパイロットプログラムで認定を完了している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]