編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

目標値の5倍速い! 爆速「arrowhead」を生み出した富士通の技術と発想のヒミツ

大河原克行

2010-04-05 09:30

 富士通が東京証券取引所に納入した株式売買システム「arrowhead(アローヘッド)」は、2010年1月4日の稼働以来、現在までの約3カ月間、トラブルなく運用されている。

 arrowheadは、注文応答時間や情報配信スピードの高速化を実現し、注文、約定、注文板などの取引情報を、異なるサーバ上で三重化して処理するなど、高速性と信頼性を兼ね備えた「世界最高水準の取引所システム」と位置づけられているものだ。

 富士通では、arrowheadについて「金融テクノロジの高度化などを背景に、個人投資家のオンライン取引の普及や、証券会社や機関投資家によるアルゴリズム取引など、新たな取引が広がりをみせている。こうした市場環境や取引形態の変化のなかで、注文レスポンスや市場情報配信の高速化のニーズが高まっており、東京証券市場の国際的な市場競争力を強化するためにも、大規模なサーバシステム上で、高性能、高信頼なミッションクリティカルシステムを実現する必要があった。新たな先進技術や機能強化を組み入れたミドルウェアの採用など、富士通の総合力を結集して構築した」と説明する。

 中でも、arrowheadに求められていたのは「10ミリ秒」(1ミリ秒は1秒の1000分の1)の高速性だったという。株式売買の発注元から注文を受け、応答保証サーバで受付通知のキューを発行し、受付通知を発注元に戻すまでの目標時間とされていたのが「10ミリ秒」だったのだ。

 これに対して、富士通では1月の稼働時点で「5ミリ秒の注文応答時間を実現する」と発表。この時点で、目標の2倍以上のスピードだが、現在の実績は、なんと「2ミリ秒」。目標の5倍にあたるレベルでの高速稼働を実現しているという。この高速性はarrowheadの最大の特徴ともいえるものだ。

ミリ秒単位のレスポンスを支えるインメモリDBMS

 この高速性を支える基幹ソフトウェアが、インメモリデータの高速データ管理ミドルウェア「Primesoft Server」である。

橋詰保彦氏 富士通、プラットフォームソフトウェア事業本部、次世代社会基盤ミドルウェア開発統括部部長代理の橋詰保彦氏。

 「基幹IAサーバにはPRIMEQUESTを採用し、SANディスクアレイとしてETERNUSを採用している。だが、これらのハードウェアの仕様は特別なものでない。これだけの高速性を実現しているのは、Primesoft Serverによるところが大きい」と語るのは、富士通、プラットフォームソフトウェア事業本部、次世代社会基盤ミドルウェア開発統括部部長代理の橋詰保彦氏だ。

 Primesoft Serverでは、メモリ上に取引情報を配置することで、超高速データアクセスと、高いレスポンス性能、高スループットを実現している。「高速アクセスにおいて、ネックとなるのがI/O。ディスクアクセスをなくすことでI/Oのネックをなくし、メモリ上で高速アクセスするという、これまでの既存技術にとらわれない発想によって実現した」(橋詰氏)とする。

 ログ情報についてもインメモリ処理を行っており、これもPrimesoft Serverならではの特徴といえる。さらに、メモリ上に配置した取引情報を三重化。各データ処理の実行環境は、「アプリケーション層」「インスタンス層」「ノード層」の3層に切り分け、アクティブインスタンスの異常時には、わずか数秒で、スタンバイインスタンスに切り替えることができるという。

 「異常検知を含んで1.5秒程度での切り替えが可能。誤認なく異常を検知するという点で工夫を凝らしているのが、Primesoft Serverの特徴と言える」(橋詰氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]