編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

オートデスク、製造業向け設計ソリューションの最新版を発表--操作性や表現力を向上

ZDNet Japan Staff

2010-05-06 19:21

 オートデスクは5月6日、製造業向け3次元設計ソリューションの最新版「AutoCAD Inventor LT Suite 2011」を発表した。5月19日に出荷が開始される。

 Inventor LT Suiteは、製造、建設、土木など、さまざまな分野で使用されている2次元ドラフティングCADソフトウェアの最新版「AutoCAD LT 2011」と、オートデスクの製造業向け3次元設計ツール「Autodesk Inventor」から、機械部品設計向けに特化した機能をパッケージ化したもの。

 メニューコマンドを使用せず、パーツを直接クリックすることによるダイレクトな操作による3次元モデリングが可能なほか、影やライト、背景などを設定し、実際の製品の使用環境に近いシェーディング表示が可能となっている。また、従来以上にAutoCADのファイル形式であるDWG形式との親和性が高まり、DWGファイルを開かずにファイル内のブロックを検索してInventor上に表示して再利用する機能や、AutoCAD上で設定されているハッチングパターンをインポートして共通化する機能などが追加されている。

 AutoCAD Inventor LT Suite 2011の価格は、23万6250円。アップグレード版が11万8650円。サブスクリプション版が3万7800円。また、5月12日より7月15日まで、特別価格で製品を提供する発売記念キャンペーンの実施を予定している。

AutoCAD Inventor LT Suite 2011 レンダリングに近いシェーディング表示ができるなど、ビジュアライズの機能も強化されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]