編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

イトーヨーカ堂、オラクルのインメモリDBでネットスーパーのシステム基盤を強化

富永恭子(ロビンソン)

2010-08-25 18:00

 日本オラクルは8月25日、イトーヨーカ堂がオラクルのインメモリデータベース製品「Oracle In-Memory Database Cache 11g」を活用し、イトーヨーカドーネットスーパーのシステム基盤を強化したと発表した。同プロジェクトは、セブンインターネットラボのシステム構築と日本オラクルのコンサルティングサービスによる構築支援のもと推進され、導入決定から1カ月で、強化したサービスの提供を開始したとしている。

 イトーヨーカ堂は、2001年よりネットスーパー事業を開始している。ネットスーパーは約3万点におよぶ商品を店舗のチラシと同じ価格で当日配送するサービスで、現在毎月約2万人の会員を有している。ネットスーパーを支えるシステム基盤には、2007年から「Oracle Database」や「Oracle Real Application Clusters」を活用していた。しかし、新たにネットスーパーを開始する店舗の拡大や会員数の増加により、データベースの負荷が増加傾向にあったという。同社は、2010年2月に既存のシステム基盤の強化を目的として、「Oracle In-Memory Database Cache 11g」の導入を決定した。

 同社はOracle In-Memory Database Cache 11gの導入以降、既存のデータベースの負荷を半減し、今後の事業拡大にも適合できるシステム基盤の強化を実現したという。また、ネットスーパーのページの表示時間が約3分の1に短縮するなど、性能面でも大幅な改善が得られたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]