編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

仮想化なしに企業は大きな利益を得られない:ヴイエムウェア

大川淳

2010-08-30 20:51

 国内外を問わず、クラウドコンピューティングの潮流が強く大きくなってきているIT産業界にあって、クラウド化のための要素として、仮想化技術の重要度が増している。この領域で先導的立場にある米VMwareは、どのようなクラウド戦略をもち、それを進めようとしているのか。同社の最高マーケティング責任者(CMO)であるRick Jackson氏に聞いた。

クラウドはユビキタス

――VMwareの考えているクラウドの理想像とは何か。

 クラウドは、コンピュータへのアプローチの仕方の一つであり、目的地ではない。クラウドの特性は、仮想化されたインフラ上にある管理可能なITリソースのプールを用い、これらのさまざまな資源をオンデマンドのサービスとして利用できるもので、どこのデータセンターにも構築することができる。

 われわれが理想的と考えるクラウドは、一般には、“ハイブリッドクラウド”といわれているものだが、個人的には、“ユビキタスクラウド”との表現が気に入っている。なぜなら、クラウドはインターネットと同様で、どこにでもあり、インターオペラビリティー(相互運用性)も確立しているからだ。

 1990年代にインターネットが普及し始めた頃、“インターネット対イントラネット”というような図式が語られたことがあるが、インターネットはどこにでもあるのが当たり前になっており、このような対置はいまや、まったく無意味になった。

 最近ではクラウドも、かつてのインターネットと同じように“プライベートクラウド”や“パブリッククラウド”というような分類があるが、これも、ただ単にクラウドと表現されるようになるのではないか。ユビキタス化とインターオペラビリティーが背景にあるわけで、どのクラウドも単一のクラウドに変わりはない。

――日本企業のなかには、パブリッククラウドにセキュリティ面などの点で懸念を持っている向きがあるが。

Rick Jackson氏 「ユビキタスクラウドという表現が気に入っている」と語るRick Jackson氏

 インターネットも本格的な普及が始まる前には、何か怖いものだと思われていたことがある。かつては、公衆回線に依存したインターネットに重要なデータをのせることは非常に危険であるとの風潮があり、VPN(仮想私設網)や専用線などに投資されたりすることが少なくなかったが、公衆回線の使用に問題はなかった。

 パブリッククラウドに対して懐疑的な見方があるのは、日本だけでないが、そこに革新をもたらすのはVMWareだといえる。クラウドについて、互換性、管理性、セキュリティ、この3つの問題を改善することが、われわれの役割であると考えている。いまのところ、これらの諸問題を完全に解決できる段階にまでは達していないのだが、そこにたどり着くための取り組みを始めている。

――ユビキタスなクラウド実現のために、VMwareは何を提供するか。

 VMwareは、互換性、管理性、セキュリティ、この3つの要素のすべてを提供する。まず、仮想化ソフトのプラットフォームである「VMware vSphere」で互換性を確保できる。仮想化環境管理製品「VMware vCenter」もある。また、複数のクラウドの管理に向けた標準化や、セキュリティについても、当社は地道な活動をしている。技術革新とともに、標準化活動には、非常に積極的だ。

 種類が異なるハイパーバイザ間で仮想マシンのイメージファイルを共有できるようにするための標準規格「OVF(Open Virtual Machine Format)」の策定が進められているわけだが、この定義にも注力しているとともに、われわれが作り出した「vCloud API」を標準化団体の「Distributed Management Task Force(DMTF)」に提出している。クラウドの相互運用についての技術には長く取り組んでおり、業界でも最先端にあると思っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]