編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ソフトバンクモバイル、電波改善のための地理情報関連システムをMSプラットフォーム上に構築

ZDNet Japan Staff

2010-10-05 13:57

 マイクロソフトは10月5日、ソフトバンクモバイルが「Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise」を基盤に、電波状況を分析し適切な基地局設置などの対策を迅速かつ正確に行うためのウェブベースの地理情報システム(GIS)/位置情報関連サービス(ジオメディアサービス)を構築したと発表した。

 同システムは、ソフトバンクモバイルが進める「電波改善宣言」の基地局倍増プロジェクトの一環として、10月1日より運用が開始されている。ユーザーから携帯電話やTwitterなどで直接寄せられる電波改善要望を、ソフトバンクモバイル社内に蓄積した各種データと照合して正確な電波状況を分析。地図サービス「Bing Maps」上に視覚的に表示することで、基地局の設置等の改善計画策定を支援するという。さらに、同システムと連携して、電波状況を一般公開する機能も追加されている。

 ソフトバンクモバイルは、同システムの稼働にあたり、ソフトバンクテレコムが提供する「ホワイトクラウド」上に「Windows Server 2008 R2 Hyper-V」を活用して構築したプライベートクラウドと、マイクロソフトのパブリッククラウド「Windows Azure platform」を連携させ、大容量データ処理を実現する高トランザクションミッションクリティカル基盤を構築しているという。システム構築にあたっては、米Microsoftの開発部門が直接データベースシステムの最適化を支援することで、システムの安定稼働を実現しており、引き続きシステムの安定稼働と拡充によるサービス品質向上を支援していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]