編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Mac App Store」はMacの文化と経済を変えるか - (page 2)

海上忍

2010-10-21 12:12

既存のソフトウェア流通網と共存

 Mac App Storeがスタートするからといって、既存のソフトウェア流通網が消滅するわけではない。これまでどおりパッケージは販売されるだろうし、オープンソースソフトウェアの開発と配布も従来どおり続くはず。App Store経由でなければソフトを入手できないiOSとの決定的な違いはここにある。

パッケージング不要、返品リスクなし

 一般的に、パッケージソフトを販売しようとすると、開発費にくわえてパッケージング(製造費)とユーザーサポート、広告、そして営業というコストが発生する。

 ダウンロード販売の形をとるMac App Storeでは、そのうちパッケージングと営業が不要になるうえ、返品と在庫リスクがない。しかも世界に向けて販売でき、ユーザーを確実にフォローできる(ユーザーにレジスト作業を求めずに済む)メリットがある。

 デベロッパーの取り分について公式な発表はないが、仮にApp Storeと同じ70%とすると、希望小売価格の50%程度とされるパッケージソフトの仕切り価格に比べ、おおむね好条件といえるだろう。機動的に価格設定できることも、プラス材料と考えられる。

サードパーティー製ソフトウェアの「審査」

 Mac App Storeは、いわばApp StoreのMac版。開発にはガイドラインが定められ、Appleによって「審査」される。iOSをターゲットとするApp Storeの成功体験をもとに、Appleは長年の懸案であるMac向けサードパーティー製ソフトウェアのコントロールに乗り出すわけだ。しかも、MacデベロッパーはiOSアプリデベロッパーであることが多く、この方式をすんなり受け入れられる土壌がある。

Mac Developer Programへの登録

 開発したソフトウェアをMac App Storeへ登録するには、まず「Mac Developer Program」への参加が必要だ。コストは年額1万800円、iOS Developer Programとは別に申し込まなければならない。

 開発ガイドラインもメンバー以外には非公開で、iOSアプリとは分けられている。なお、ガイドラインはNDA保護下にあるため、メンバー以外は読むことができない。

Appleの決算に与える影響は

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]