編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SQL Server 2008 R2へのアップグレードをスムーズに--10個のティップスを紹介 - (page 3)

Brien Posey (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2011-04-08 08:00

8:廃止された機能がないか調査しておく

 Microsoftは、SQL Server 2008 R2からセキュリティ構成ツールを廃止した。このツールが提供していた機能のほとんどは、他のツールから使用することができる。例えばプロトコルや接続、スタートアップのオプションについてはSQL Server構成マネージャーから設定することができる。セキュリティ構成ツールを使用していたというのであれば、SQL Server 2008 R2を実験環境に配備し、該当ツールを使用しないSQL管理方法について学習しておくのがよいだろう。

9:試しにアップグレード作業を行ってみる

 本番用のデータベースサーバのアップグレード作業を行う前に、実験環境でアップグレード作業を行ってみることをお勧めする。これにはまず、ドメインコントローラとDNSサーバ、SQLサーバ、インフラとして必要なその他のサーバのフルバックアップを取得した後、隔離された実験サーバ環境上でそれらのバックアップを復元することになる。いったんSQLサーバが起動し、稼働を始めたのであれば、その実験環境内でアップグレード作業を行ってみてほしい。このようにすることで、実際のアップグレード作業を行う前に、問題に取り組むことが可能になるわけだ。

10:作業完了後の後始末を忘れないようにする

 アップグレード作業が完了したのであれば、データベースの整合性を保証するために、すべてのデータベース上で「DBCC UPDATEUSAGE」を実行してほしい。また、サーバを再登録したり、フルテキストインデックスカタログを再作成する必要もあるだろう。さらに、アップグレード作業のためにレプリケーションやストアドプロシージャを無効化していた場合、そういった設定も元通りにしておく必要があるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]