編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドOS「Nimbula Director」諸機能とロードマップ

福留真二 (ネットワールド) 工藤真臣 (ネットワールド)

2011-07-16 12:02

 本特集「Nimbula Directorの実力」では、これまで4回をかけて基本機能を紹介してきました。実はこの他にも、取り上げることができなかったいくつか便利な機能が実装されているのです。

 今回は、まず第1部としてそれら機能の解説を、第2部としてロードマップと追加が予定されている機能を解説します。

第1部 Nimbula Directorのその他の機能

オブジェクトに対するアクセス権の設定

 Nimbula Directorはパブリッククラウド/プライベートクラウドを問わず利用することを想定しています。そのため幅広い環境、運用に合わせて、非常に柔軟なアクセス権を設定できるようになっています。

 アカウントごとに以下のようなアクセス権の設定を行うことが可能です。アカウントごとのアクセス権をベースに、個別のオブジェクトに対してルールを追加することもできるため「特定グループにはSecurity Ruleの作成を許可」したり、「特定のインスタンスを特定グループで共有する」といったことが可能です。

Nimbula Directorアクセス権の設定(対象:グループアカウント)※クリックで拡大画像を表示 Nimbula Directorアクセス権の設定(対象:グループアカウント)※クリックで拡大画像を表示

リソース監視

 Nimbula Directorでは、Nimbula Directorをインストールした各ノードでリソース監視エージェントが稼働しており、Webインターフェース上からサイト単位、クラスタ単位、ノード単位でどの程度リソースが利用されているか確認することができます。

 現在のバージョンではインスタンスのリソース監視や閾値を設定してアラートを飛ばす通知機能を持ちません。

「networld」サイトのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示 「networld」サイトのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示
「192.168.1.0」クラスタのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示 「192.168.1.0」クラスタのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示
「zookeeper1.networld.nimbula」ノードのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示 「zookeeper1.networld.nimbula」ノードのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]