編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

クラウドOS「Nimbula Director」諸機能とロードマップ

福留真二 (ネットワールド) 工藤真臣 (ネットワールド)

2011-07-16 12:02

 本特集「Nimbula Directorの実力」では、これまで4回をかけて基本機能を紹介してきました。実はこの他にも、取り上げることができなかったいくつか便利な機能が実装されているのです。

 今回は、まず第1部としてそれら機能の解説を、第2部としてロードマップと追加が予定されている機能を解説します。

第1部 Nimbula Directorのその他の機能

オブジェクトに対するアクセス権の設定

 Nimbula Directorはパブリッククラウド/プライベートクラウドを問わず利用することを想定しています。そのため幅広い環境、運用に合わせて、非常に柔軟なアクセス権を設定できるようになっています。

 アカウントごとに以下のようなアクセス権の設定を行うことが可能です。アカウントごとのアクセス権をベースに、個別のオブジェクトに対してルールを追加することもできるため「特定グループにはSecurity Ruleの作成を許可」したり、「特定のインスタンスを特定グループで共有する」といったことが可能です。

Nimbula Directorアクセス権の設定(対象:グループアカウント)※クリックで拡大画像を表示 Nimbula Directorアクセス権の設定(対象:グループアカウント)※クリックで拡大画像を表示

リソース監視

 Nimbula Directorでは、Nimbula Directorをインストールした各ノードでリソース監視エージェントが稼働しており、Webインターフェース上からサイト単位、クラスタ単位、ノード単位でどの程度リソースが利用されているか確認することができます。

 現在のバージョンではインスタンスのリソース監視や閾値を設定してアラートを飛ばす通知機能を持ちません。

「networld」サイトのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示 「networld」サイトのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示
「192.168.1.0」クラスタのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示 「192.168.1.0」クラスタのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示
「zookeeper1.networld.nimbula」ノードのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示 「zookeeper1.networld.nimbula」ノードのリソース利用率※クリックで拡大画像を表示

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]