編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Oracle CRM On Demand新版--見込み客から売り上げまでを一括で支援

田中好伸 (編集部)

2011-07-22 19:57

 日本オラクルが提供するSaaS型顧客情報管理システム(CRM)の最新版である「Oracle CRM On Demand R19」の提供が7月21日から始まった。価格は1ユーザーあたり月額8560円から。2003年にR1がリリースされ、年2~4回のバージョンアップを経て、この7月でR19となっている。

 日本オラクルの山瀬浩明氏(アプリケーション事業統括本部CRM On Demand本部ソリューション部部長)は、現在のCRMのトレンドとして業務生産性の向上、顧客価値最大化、ビジネス変化の対応力という3点を挙げている。

 業務生産性の向上では、モバイル端末の性能向上による業務のフリーロケーション化にいかに対応していくか、というものだ。つまりは、いつでもどこでもモバイル端末からCRM上のデータに素早くアクセスできることが問われているということでもある。

 顧客価値最大化とは、顧客情報の質と鮮度を向上させると同時に、さまざまな視点や角度から洞察していくことが課題となる。すなわち「優良顧客を見つけて、いかに獲得するか」(山瀬氏)が問われることになる。この点でCRM On Demandでは以前からビジネスインテリジェンス(BI)機能を搭載しているという。BI機能で地域別や商品別などの軸から顧客を分析することができるとしている。ビジネス変化の対応力とは、システム基盤の柔軟性や拡張性が常に求められるということだ。

 そうしたCRM On Demandの新版であるR19の特徴が(1)モバイル端末対応の強化、(2)営業とマーケティング機能の統合、(3)カスタマイズ機能の強化、(4)業種別ソリューションの強化――という4点だ。(1)が業務生産性の向上に、(2)が顧客価値最大化に、(3)がビジネス変化の対応力にそれぞれ対応することになる。

モバイル端末対応を強化

 (1)のモバイル端末対応の強化では、まずはノートPCなどのOutlookから直接CRM On Demandにアクセスできる機能「CRM Desktop for Outlook」が挙げられる。OutlookからはCRM On Demand上の取引先や担当者、商談の状況、見込み顧客といったデータを参照するだけでなく、作成や更新もできるようになっている。それらのデータをOutlookのメールやスケジュールなどと連携することも可能だ。

 これらの作業は、オンラインとオフラインという両方のモードに対応している。たとえばオンラインで取得した顧客のデータを、オフラインで更新した後でオンラインに上げるといったことも可能になる。山瀬氏によると、CRM Desktop for Outlookは「米国で先行販売されているが、大変人気がある」という。

 CRM Desktop for Outlookが対応しているのはOutlook 2007/2010。今後はLotus Notes v 8.0/8.5を予定。Outlook 2003とLotus Notes v 7.0への対応は未定としている。

 (1)では次に「Fusion Mobile Sales for CRM On Demand」がある。これはiPhoneやBlackBerryから直接CRM On Demandにアクセスできるという機能だ(Android端末への対応は今後の予定)。この機能は名称から分かるように、オラクルのCRMパッケージソフト、つまりオンプレミス型の「Siebel CRM」や「Oracle Fusion CRM」にも対応できるようになっている。

「たとえばエンドユーザー数百人でCRM On Demandを使っていた企業が、それよりも多くなったらオンプレミスのSiebel CRMに乗り換える時でも、この機能を活用できる。この機能は、SaaSでもオンプレミスでも対応でき、バックエンドシステムにとらわれない、ユーザーインターフェース(UI)を提供する」(山瀬氏)

 モバイル端末対応の強化の点では、タブレット端末「iPad」からも直接CRM On Demandにアクセスできるようになっている。

 iPadの魅力の一つに画面の大きさがある。iPadは個人向けというイメージがあるが、実際のところは企業の業務の現場として、つまり業務端末として活用されているのはあまり知られていない。紙のパンフレットを電子化して見せたり、分かりにくい情報を動画にして見せたり、といった使い方だ。CRM On DemandのiPad対応では、これらの活用を受けて「eDetaling」という機能も提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]