ライバルを想定してスタンスを決める--ITと業務の進化を探る - (page 2)

宮本認 (ガートナー ジャパン) 2011年08月25日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「ほぅ、敵か。差し詰めウチの会社じゃ経営が敵かな?」

「う~ん、ちょっと違いますね…。部長にオススメしているのはIT戦略の立案です。戦略ですから、もともと軍事の概念ですね。ですから、敵…すなわち、勝つべき相手がいるところからスタートする。同じ業界の同じレベルの企業でもいいですし、極論すると他業界でもいい。そういう外に目を向けて“アソコにはITレベルとしては勝ちたい、負けない”というのを定めておいて頂くといいと思っています」

「そうだね。結局、上も気にするんだよね、横並び。それをやめろっていう方が困難。それよりも問題は、漠然と横並び意識を持っていることなんだよね」

「そうです。どうせなら、明快なライバル意識を持ってもらった方がいいと思いますよ。それを常に分析しておく。ここが重要」

「でも、何を入れた、いくらくらい使ってるってことは、業界団体としてわかっていることは多いよ」

「えぇ、そうですね。でも部長。業界団体で付き合っている同業の皆さんは皆さんにとってライバルですかね?」

「あぁ…そうだね…ライバルっていうのともちょっと違うかなぁ。それにIT的に見ると負けたくない相手って感じでもないからなぁ…」

「そうなんですよ。それよりかはきっちりと、グローバルのトップ企業の動向を分析しておいてもらった方がいい。敵っていうのとは少し違うかもしれませんが、彼我の差をきちんと押さえておいてもらうと、自分たちの課題っていうものは今よりももっとシャープに把握できるようになると思いますよ」

「そうだね。ベンチマーク先っていう意味にもなるかな」

「そうです。だから、進めているのが進度分析です。重要なのは何々を入れたとか、そういう道具立てのことではなく、業務や技術をどこまで進化させたか。例えばERP(統合基幹業務システム)を入れたってのはあまり重要ではなく、経営管理サイクルを週次のサイクルに変えたっていう、業務の進化のレベルを抑えること」

ベンチマークとしてのライバル

「うん。言いたいこと、わかるよ。でも、進化なんてわかるの?」

「うぅん…痛いところを突きますねぇ…。でも、わかります。手前味噌ですが、ウチのアナリストが出している“ハイプサイクル”って手法があるんですけど、これは歴としたITの進化論を言っているんですね。分析の手法はマーケットでどこまで浸透するかってことで書かれていますけどね」

「あ、あの上がって下がってまた上がる、あの曲線ね。確かに、あれは進化だなぁ」

「もう一つコツを申し上げると、前回、統合と分散を繰り返して進化するって申し上げたじゃないですか。これは技術面ではそういうことが言えるんですけど、業務面の場合には、ここに速度を速くするってのが加わるんですね。よりリアルにする、高頻度でできるようにするって方向です」

「なるほど。月次決算を週次にしたり、リアルタイム化をいろいろと進めたりってことだね」

「そうです。で、その進化の動向を分析して、ライバルとの差を見極め、自分たちが大切にしたいモノは、追いつき、追い越すようにする。これが基本ですね。そこで重要なのが、先ほど説明した、価値観って奴です。新しいものを追うにしても、何か大切なものをじっくりと育てるにしても、どこは追いつき、追い越すのかを決める、軸になりますよね」

「ま、うちにしてみると、グローバル化を進めているから、敵としてマークすべきはやっぱりグローバルトップの同業なんだろうな。でも、おカネをたくさん持っているわけじゃないから、彼らに勝るべきポイントを選んで集中だね。それは前にも言っているけど、営業領域なんだろうなぁ。そこが突破力の一つになるだろうから」

編集部より:IT戦略をまとめる上で、会社にとってのITの位置付け、仮想敵を決めてきました。IT戦略はどうあるべきなのか。続きは9月1日に掲載予定です

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。東日本大震災の情報は、特設サイト「ZDNet Japan after 3.11」にまとめています。

宮本認(みやもとみとむ)

ガートナー ジャパン株式会社

コンサルティング部門マネージング・パートナー

大手外資系コンサルティングファーム、大手SIerを経て現職。16業種のNo.1/No.2企業に対するコンサルティング実績を持つ。ソリューションプロバイダの事業戦略、組織戦略、ソリューション開発戦略、営業戦略を担当。また、金融、流通業、製造業を中心にIT戦略、EA構築、プロジェクト管理力向上、アウトソーシング戦略プロジェクトの経験も多数持つ。

編集:田中好伸

Twitterアカウント:@tanakayoshinobu

青森生まれ。学生時代から出版に携わり、入社前は大手ビジネス誌で編集者を務めていた。2005年に現在の朝日インタラクティブに入社し、ユーザー事例、IFRS(国際会計基準)、セキュリティなどを担当。現在は、データウェアハウス、クラウド関連技術に関心がある。社内では“編集部一の職人”としての顔も。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]