編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

OSより下のレイヤでもプレゼンスを発揮したいオラクルの戦略 - (page 3)

田中好伸 (編集部)

2011-10-19 12:44

コスト面での優位性を強調

 Oracle VMのようなハイパーバイザを中心にした仮想化技術の進展で、企業のクラウド、特にプライベートクラウドも拡大を見せている。それにあわせてオラクルでもクラウド対応を強化している。その一つが、OpenWorld 2011で発表された統合運用管理ツールの新版「Oracle Enterprise Manager 12c」である。Enterprise Manager 12cはクラウドをライフサイクルで管理することを強みとしており、Oracle VM 3.0をベースにしたVMの管理がしやすくなっている(12cの“c”は「cloud」のcである。11gの“g”は「Grid」のg)。

 今回のOracle VM 3.0にあわせて「Oracle VM Templates」も提供される。このVM Templatesは、同社製のDBやミドルウェア、アプリケーションを構築・構成したVMとして提供される。VM Templatesは同社ウェブサイトからダウンロードして管理ツールのVM Managerにインポートして、活用できる。構築・構成がすんでいることで余計な時間をかけることなく、まとまったVMを作ることができる。テンプレートの数は90以上になるとしている。

 現在、日本を含めた世界中の企業が、サイロとなってしまった業務システムの効率化を目指してサーバの集約を展開している。ここで、ハイパーバイザによるサーバ集約の事実上の標準と指摘できるのがVMwareだ。VMware製品についてScreven氏は「単一のソリューションとして作られている。それに対してOracleの仮想化技術は、アプリケーションを高速に、信頼性が高く、簡単に展開・管理するために、完全なスタックの一部として作られている」と説明。その上で「Oracle VMはVMwareよりも4倍スケーラブル。VMwareはOracle VMよりも4倍高い」とコスト面で優位性があると主張している。

図2 3年間では7倍ものコストがかかるという
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]