OSより下のレイヤでもプレゼンスを発揮したいオラクルの戦略 - (page 3)

田中好伸 (編集部)

2011-10-19 12:44

コスト面での優位性を強調

 Oracle VMのようなハイパーバイザを中心にした仮想化技術の進展で、企業のクラウド、特にプライベートクラウドも拡大を見せている。それにあわせてオラクルでもクラウド対応を強化している。その一つが、OpenWorld 2011で発表された統合運用管理ツールの新版「Oracle Enterprise Manager 12c」である。Enterprise Manager 12cはクラウドをライフサイクルで管理することを強みとしており、Oracle VM 3.0をベースにしたVMの管理がしやすくなっている(12cの“c”は「cloud」のcである。11gの“g”は「Grid」のg)。

 今回のOracle VM 3.0にあわせて「Oracle VM Templates」も提供される。このVM Templatesは、同社製のDBやミドルウェア、アプリケーションを構築・構成したVMとして提供される。VM Templatesは同社ウェブサイトからダウンロードして管理ツールのVM Managerにインポートして、活用できる。構築・構成がすんでいることで余計な時間をかけることなく、まとまったVMを作ることができる。テンプレートの数は90以上になるとしている。

 現在、日本を含めた世界中の企業が、サイロとなってしまった業務システムの効率化を目指してサーバの集約を展開している。ここで、ハイパーバイザによるサーバ集約の事実上の標準と指摘できるのがVMwareだ。VMware製品についてScreven氏は「単一のソリューションとして作られている。それに対してOracleの仮想化技術は、アプリケーションを高速に、信頼性が高く、簡単に展開・管理するために、完全なスタックの一部として作られている」と説明。その上で「Oracle VMはVMwareよりも4倍スケーラブル。VMwareはOracle VMよりも4倍高い」とコスト面で優位性があると主張している。

図2 3年間では7倍ものコストがかかるという
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]