ストールマン、オープンソースの流行に複雑な心境 Linuxには一定の評価

末岡洋子 2011年12月21日 12時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Richard Stallman氏は、ユーザーがコードを自由に改変したり再配布できる「フリーソフトウェア」という考えを提唱した人物だ。1985年に非営利団体のFree Software Foundationを設立し、以来、フリーソフトウェア運動を続けている。氏は「Emacs」などのソフトウェア開発でも知られており、技術と文化の両方に大きな影響を与えている。

 そのStallman氏が6月、ドイツ・ベルリンにあるブランデンブルグ科学アカデミーのデジタルイニシアティブ「TELOTA」10周年を記念したイベントに出席し、「コンピュータネットワーク時代における著作権とコミュニティ」をテーマに講演した。

 本稿では、この2時間以上にわたるスピーチを紹介したい。

フリーソフトウェアとは

 今回は「フリーソフトウェアがテーマではない」と言いつつも、Stallman氏のスピーチはいつものようにフリーソフトウェアという考え方の解説からスタートした。土台にあるのは「自由(Freedom)」(同氏)だ。

 「あなたとコミュニティの自由を尊重するソフトウェア——それがフリーソフトウェアだ」とStallman氏は言う。氏が「基本的自由」と定義するものは4つある。

  1. ユーザーが望むようにプログラムを動かす自由
  2. ソースコードを調べ、望むように変更できる自由
  3. 他の人を助ける自由(複製を作成して再配布できる自由)
  4. コミュニティに貢献できる自由(改変したバージョンを再配布できる自由)

 Stallman氏は、フリーソフトウェアとは「ソフトウェアを配布する倫理的な方法である」とする。これらの自由がないプロプライエタリソフトウェアは倫理的な方法とはいえず、「不公平な力を生み、デジタルの植民地化が進む」と警告する。

 Stallman氏が挙げた4つの自由は、商用か非商用かを問わず、すべての活動に関係するものだ。しかも、これらは必須ではないし義務でもない。フリーソフトウェア運動に協力するかどうか——これも自由なのだ。

 フリープログラムを使うことの効果は社会の発展だ。プログラムは知識であり、フリーなプログラムはユーザーが自由に理解し、受け入れ、拡張し、再適用できるからだ。

 一方プロプライエタリなプログラムを書くことは「人々を服従させるという企て」であり、「社会的にみれば、自由を失わせる落とし穴だ」とStallman氏はみる。それ故、プロプライエタリソフトウェアの利用は社会的な問題であり、無くしていく必要があると説く。

 「目標は“ノーモア・プロプライエタリシステム”」とStallman氏は述べ、「フリーソフトウェア運動は、すべてのプログラムがフリーになること、すべてのユーザーがフリーになることを目指している。これは技術的区別ではなく、ユーザーの自由を尊重するか、奪うかだ」と続けた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算