2015年に10億人ユーザーを目指すSAP モバイルとアプリストア戦略を聞く - (page 2)

末岡洋子

2012-01-13 11:50

--SAP Storeの現状と今後の計画は

Dale:SAP Storeは11月に発表したモバイルアプリケーションのオンラインマーケットで、AppleのApp Storeのように、SAPやパートナーが開発したアプリケーションを入手できる。

 まずは、われわれが開発した約30のアプリケーションが提供される。将来はアプリケーションの数を千単位にしていく狙いで、すでにパートナー企業がアプリを構築している。サードパーティーのアプリ開発、開発したアプリの提供、収益化(マネタイズ)も支援していく。

--開発者を引き付けるための戦略は

Dale:開発者向けのプログラムを開発しており、SAP認定プログラムも拡大している。TechEdではハンズオンのワークショップを用意しており、これ以外にも世界各地で定期的にワークショップを展開している。

 これらに加え、コンシューマー向けのアプリでは、価格構造も簡素化してわかりやすくした。

 iPhoneが最初に登場したとき、Apple以外のアプリケーションはなかった。だが現在、iPhoneの販売を加速しているのはサードパーティーが提供するアプリだ。SAPは、ビジネスソフトウェアで同じような現象を作りたいと思っている。

--コンシューマーとエンタープライズでモバイルアプリの性質が異なるが、この点をどう考えているか

Dale:SAPはテクノロジの会社であり、ソリューションの会社でもある。われわれはアプリ構築のためのツールや技術の提供とともに、自社でアプリを構築したくないと思っている顧客にアプリを提供する。

 たとえば、企業の中には社内用に開発したアプリを他社に公開することなく配信したいというニーズがある。SAP Storeではこうしたニーズにも対応していく。一方で、あらゆるSAPユーザーに公開したいという開発者もおり、状況に応じたコンサンプションモデルを揃えたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]