2015年に10億人ユーザーを目指すSAP モバイルとアプリストア戦略を聞く - (page 3)

末岡洋子

2012-01-13 11:50

--他社もモバイルにフォーカスしている。SAPの強みは何か

Dale:Sybaseだ。われわれはエンタープライズモバイルでナンバー1の企業を買収した。買収後もリードを維持できるように、Sybase製品と技術への投資を強化している。

--エンタープライズモバイルでのイノベーションをどう見ているか

Dale:第一期のモバイルアプリは、デスクトップ向けアプリケーションをそのままモバイルに乗せるというアプローチだった。これはうまくいかない。

 さきのVolkswagen Chinaの例でわかるように、現在企業はモバイル向けあるいはモバイルを念頭において開発している。デスクトップと同じような機能を提供するが、異なるエクスペリエンスを提供するものだ。アプリケーション開発にあたってのフォーカスがモバイルに移りはじめており、今後少しずつイノベーションが起きてくると見ている。

--10億人のユーザーを目標としているが、達成の具体策は

Dale:われわれは「2015年にSAPユーザー10億人」という目標を掲げている。ここでモバイルアプリケーションは不可欠で、SAP Storeは重要な役割を果たすだろう。

 (現在のSAPユーザーはオフィスワーカーが主流だが)フィールドワーカーは3億5000万人、モバイル端末を利用するコンシューマーは10億人といわれている。だが、モバイルだけではなく、スマートTV、スマートカーなどのインターネット対応端末を利用して、ユーザーは何らかの形でSAPシステムを利用していくと予想している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]