フリーな地図のパワー示すOpenStreeMap--コミュニティの災害マップで復旧支援 - (page 3)

末岡洋子

2012-03-15 08:00

--企業による採用も増えていますね

 MicrosoftがBing MapsでOpenStreetMapを採用し、MapQuestもOpenStreetMapバージョンを用意しています。また最近では、foursquare、Geocaching.com、Appleの「iPhoto」などの採用が相次ぎました。

 foursquareはわれわれのデータを基盤とするmapbox.comのサービスを、Geocashing.comはMapQuestのopen.mapquest.comを利用しており、Appleは自社のマップサーバを設定しました。これは、OpenStreetMapのデータの柔軟性を示すものといえます。

 また、われわれは「switch2osm.org」というサイトを立ち上げました。OpenStreetMapに切り替えるための情報を提供しています。

--コミュニティの力に頼ることにはデメリットもあります。現在課題と感じていることは何ですか?

 課題は地図データに一貫性がないことです。コミュニティが活発な地域では情報がたくさん入った詳細な地図ができますが、手薄な地域もあります。都市部と郊外との差が大きいところがたくさんあります。

 その対策はいくつかありますが、草の根的活動として、活発なコミュニティメンバーが旅行や出張に行った先で地図データに貢献するという方法があります。国によっては地図データがフリーで公開されているところがあり、その情報をインポートすることもあります。

 コミュニティを活性化することが大切なので、世界各地でマッピングパーティーなどの活動を行っています。人々にOpenStreetMapを使ってもらい、簡単に貢献できるようにと改善しています。ユーザーが増えると貢献される情報が増え、さらに精度が上がり、新しいユーザーを呼ぶと期待しています。

 将来はBritannica(ブリタニカ)やWikipediaと同じように、OpenStreetMapの地図がもっとも優れた地図になると見ています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]