会津若松スマートシティ

会津若松スマートシティのチャレンジ:第3回--電力を可視化するデータを誰が管理するか?

津田浩司 2013年11月06日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福島県会津若松市で進行中のスマートシティプロジェクト。先行的にスタートしたのが、100世帯に家庭エネルギー管理システム(HEMS)を設置して電力消費を見える化するスマートグリッド事業である。この事業のキモと考えられたのがデータの扱いだ。

 どこにデータを置き、誰が管理するのか――。会津若松市では地元のデータセンターにデータを集約し、新サービスの可能性を広げた。それは、メーカー縦割りという現状へのチャレンジであり、スマートシティの将来モデルにつながる第一歩となった。

HEMSメーカーに通信インターフェース公開を打診

 前回、スマートシティプロジェクトにおける複雑な利害関係、それを調整する体制や機能の重要性について説明した。複雑な利害関係は各所に遍在する。プロジェクトを推進するコンソーシアム内部だけでなく、住民と企業、住民同士の間にもある。スマートシティのコンポーネントを提供するメーカーも、それぞれが異なる思惑を持っている。

 その1つの断面を“データ”に見ることができる。「データを誰が管理するか」「どのように利用するか」は、ビッグデータの扱いでしばしば議論の対象になるテーマである。

 言うまでもなく、スマートシティの“スマートさ”を根幹で支えているのは膨大なデータである。刻々と変動するエネルギー消費の最適化、交通渋滞の抑制対策などを実施する上で、“今何が起きているか”を可視化するデータは決定的な役割を担う。

 会津若松スマートシティでは、100世帯にHEMSを配布して取り組むスマートグリッド事業では独自のアプローチが採用された。

 その前に、従来型アプローチについて考えてみたい。アクセンチュア 福島イノベーションセンター センター長の中村彰二朗氏がこう説明する。

 「国内外には多くのHEMSメーカーがあります。従来、これらのメーカーは自社製HEMSを設置した場合、そのデータを自社データセンターに集約するケースが一般的でした。しかし、これでは自治体などの事業主体がデータを利用したい時に大きな制約が生まれます」

 HEMSメーカーにとっては、電力消費などのデータが手元にあれば次のビジネスチャンスにつながる可能性がある。例えば、ハウスメーカーと組んで節電コンサルティングのサービスを提供する、あるいは省エネリフォームの需要を掘り起こすことができるかもしれない。

 その場合、スマートシティの事業主体がデータを利用するには、各メーカーとの交渉が必要になる。合意に達したとしても、手間をかけてデータの形式を変更する必要があるかもしれない。

 いったんHEMSデータが複数メーカーのもとに分散すると、地域軸でデータを一元化するのは容易ではない。そこで、会津若松市のスマートグリッド事業ではすべてのHEMSデータが域内データセンターに集まる仕組みを構築した。そのためには、いくつかのハードルを乗り越える必要があったと中村氏は言う。

 「会津で進められているスマートグリッド事業では、通信インターフェースの公開が必須です。この取り組みに賛同していただいた3社のHEMSを100世帯に配布し、標準化された形でデータを地元に集約する仕組みが整いました。スマートグリッド事業に関して言えば、これが最大のチャレンジだったと思います」

 その3社はパナソニックとオムロン、東芝。他メーカーは通信インターフェースを非公開としたが、この辺りは各社の事業戦略に関わる判断である。

 実は、オランダ・アムステルダム市が抱えていた課題の1つがデータの集約であり、同市と会津若松市の連携協定が実現した大きな理由もそこにある。

 スマートシティについて経験豊富なアムステルダム市から学ぶことは多いが、情報や知見の流れが一方通行ではパートナーシップが成立しない。会津若松市のデータ集約の取り組みと成果に対して、アムステルダム市は大きな関心を寄せているようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]