編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アップルの新しいiPadはPCのアップグレードサイクルを変えるか

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-03-21 15:03

 タブレット市場とAppleの次世代「iPad」の進化を考えると、2012年のPCのアップグレードサイクルは、消費者に関しても企業に関しても、注目に値する非常に興味深いものになるはずだ。

 Appleは、高精細ディスプレイや4G接続、その他の特長を備えた次世代iPadを発表した。それに加え、「iPad 2」も399ドルからの価格に設定された。

 最新のiPadに関するさらに興味深いデータは、ある程度ラップトップと競合しているということだ。もしラップトップの代わりにiPad 2でもやっていけるとすれば(これを目にする機会は日に日に多くなっている)、より強力なバージョンが出たことは、大きな影響を及ぼす可能性がある。

 このことは、「Windows 8」発売に伴うPC購入サイクルにどのような影響を与えるだろうか。

 PCはかなり深刻な競合にさらされている。企業ユーザーなら、次のようなことを考えるはずだ。

  • 従業員にラップトップは必要か?
  • 従業員はiPadでやっていけるか?
  • どのくらいの従業員が、自前のデバイスを持ち込んでいるか?
  • デバイスの持ち込みによって、PCにかかる費用を節約できるか?

 「Windows 7」リリース時には、タブレット市場はないも同然だった。今では、タブレットはどこにでも見られ、Appleが市場をコントロールしている一方、多くの競合企業はそれに追いつけないでいる。MicrosoftはWindows 8でPCと連携できるようになるとしているが、その立証責任はMicrosoftにある。

 つまり、今回のサイクルは、これまでのPCアップグレードサイクルとは状況が違っているということだ。Appleは、タブレット市場はPC業界よりも大きくなると主張している。Appleはまた、多くのケースでタブレットがPCの代わりになると言ってはばからない。

 iPadに2つのバージョンができたことで、PCのアップグレードサイクルはより難しい問題になる。企業は実用的なデバイスとして399ドルのiPad 2を採用することもできる。またiPad 3は従業員の個人用端末となり得るだろう。つまり、iPad 2は企業の従業員が使うデバイスになり得るということだ。

 Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は次のように述べている。

 Appleは、「iPhone」で採用している戦略と同じように、16GバイトのiPad 2について、今後もWi-Fiのみのモデルを399ドルで、3Gモデルを529ドルで提供する。「Kindle Fire」(199ドル)やいくつかの低価格10インチAndroidタブレットの存在を考えると、Appleからの強力な防御策として、iPad 2の価格の引き下げ、および「iPadファミリー」のさらなる低価格化が行われる可能性が高い。さらに、それによって「iPad HD」の売り上げが落ちることも考えにくい。むしろ、急速に成長しているタブレット分野において、Appleが到達できる市場を広げることになるだろう。

 Munster氏は次のように結んでいる。「Appleは今後4年間にiPadの販売台数40%増を達成できる可能性がある。もし2016年にタブレット市場全体が4億5000万台規模になれば、Appleはその半分を占める可能性がある」(Munster氏)

 その場合、その成長の大部分は、企業ユーザーによるものだろう。

 タブレット市場とPC市場が統合されつつあると断言するにはまだ早いが、確かに事態はその方向に向かっているように見える。この現実は、PCのアップグレードサイクルが近いうちに興味深いものになることを意味している。MicrosoftとIntelにとって、PC市場での覇権が脅かされる危険はこれまでになく高まっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]