編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「Chrome」 と 「Internet Explorer」--戦略の違いとその効果

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-05-31 07:45

 GoogleとMicrosoftはどちらも、無料でブラウザを売り込んでいる。その理由はなんだろうか。それは、プラットフォームの利用を後押しする、本物のROI(投資回収率)が得られるからだ。

 StatCounterによれば、Googleの「Chrome」はMicrosoftの「Internet Explorer」を抜いて、もっともよく使われているブラウザになったようだ。このブラウザ戦争に関する大きな疑問は、トップになることに、プラットフォームとしてどんな利点があるのかということだ。

 StatCounterの統計は、同社のネットワーク内で閲覧された150億ページビュー分の標本に基づくものだ。StatCounterのブラウザ使用状況データは注目に値するものだが、わたしはこの統計を受け入れる前に、Chromeの勝利を示す他の指標が出てくるのを待ちたいと思っている。

 しかし、このStatCounterのデータは、大きな視点から問題を捉えてみるいい機会だ。ブラウザ戦争は明らかに何らかの意味を持っている。GoogleとMicrosoftはどちらも自社のブラウザを売り込んでおり、どちらのソフトウェアも無料だ。


 1年と少し前、Googleの役員がChromeを提供している理由を説明している。Googleの最高財務責任者(CFO)であるPatrick Pichette氏の当時の発言は注目に値する。

 Chromeについては実際には2つの話がある。戦術的な問題と、戦略的な問題だ。Chromeはウェブを強力に後押ししており、素晴らしい体験を提供している。Chromeを導入した人は、Googleを探したり検索する場所を探したりしなくても、「Omnibox」からすぐにGoogle検索にアクセスできる。戦略的な観点から言えば、これは「Chrome OS」につながる。戦術的には、Chromeを使っているすべてのユーザーは、Googleへのアクセスを持っているという意味で、確実にロックインされたユーザーだと言える。

 GoogleがChromeから得られるハロー効果は、次のようになるだろう。

  • より多くの検索結果
  • トラフィック獲得コスト(TAC)の低減化
  • Googleの他のサービスをより簡単に統合する能力
  • ブラウザに「Google+」を組み込み、統合する手段
  • 高いGoogle Chromeユーザーの生涯価値

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]