編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立システムズ、中堅中小向けに「クラウドバックアップサービス」

田中好伸 (編集部)

2012-06-01 15:17

 日立システムズは6月1日、中堅中小企業向けにネット経由で自動的にバックアップする「クラウドバックアップ」サービスの販売を開始した。初期費用が15万7500円から、月額費用が1Tバイトあたり4万7250円から。

 日立製作所が提供するネットワークストレージ「Hitachi Virtual File Platform(VFP)」をユーザー企業が購入、社内に設置する。VFPの自動バックアップ機能でデータが日立システムズのデータセンターにバックアップされる。VFPの価格は、物理容量が4TバイトのVFP 50で1台あたり99万7500円から。

 バックアップデータ容量が1Tバイトから利用でき、専用回線を必須とせずにネットを通じてデータを暗号化してやり取りすることで、安価に利用できると説明する。

 専用のバックアップソフトウェアが不要であり、設定したスケジュールにしたがって、自動的にデータがバックアップされることで、バックアップ業務にかかわる業務負荷を削減できると説明。国内外の複数拠点でファイルサーバを分散管理しているユーザー企業でも、一元的にバックアップデータを管理できると、メリットを強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]