編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

バンダイナムコ、プライベートクラウド稼働--TCOを3割削減へ

田中好伸 (編集部)

2012-07-03 15:34

 バンダイナムコホールディングスはグループ主要会社のシステムをプライベートクラウドに構築、4月から稼働させている。共同で構築した富士通が7月3日に発表した。

 バンダイナムコグループは従来、各事業会社でそれぞれ異なる基幹システムを構築、運用してきた。そのため各社で運用業務やシステムの設備が重複したり、異なるシステム間を連携するための作業が発生するなどの課題を抱えていた。

 2009年に策定した中期IT戦略では、総所有コスト(TCO)の削減、ガバナンスの強化を目的に、ITインフラをグループ主要会社で統一していく方針を打ち出している。

 グループ主要会社での会計業務などの基幹システムではSAPアプリケーションを中心に刷新。その上で、富士通と共同で富士通のデータセンター内のプライベートクラウド環境上で、ほかの業務システムもあわせて、ソフトウェアや設計の標準化、運用の統一などを行って、共通基盤上に動く仕組みを構築している。

 バンダイやバンダイナムコゲームス、バンダイビジュアルなど国内グループ11社のシステムは4月から稼働。今後はナムコを含む国内グループ4社に展開するとともに、災害復旧(DR)施策を実施、最終的には海外を含む主要グループ会社で稼働させる予定になっている。共通基盤の構築でグループ全体で最適化されたことで、運用効率が向上し、TCOが3割削減される見込みとなっている。

統合イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]