編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

オラクルの「UNLEASH INNOVATION」とは何か?--遠藤社長が戦略を説明 - (page 2)

大河原克行

2012-07-11 17:55

 三澤氏は「今年は4つのソフトウェア製品に加えて、クラウド事業を加速するチャレンジが始まる」と説明。「Oracle Applications」「Oracle EPM/BI」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Database」という4つのソフトウェアに加えて、「Oracle Cloud」では、「Oracle Fusion Applications」と「Oracle Customer Experience」に取り組んでいくことを示した。

 「Engineered Systemsは、最も高性能な仕組みを、最も安価に提供できる。そして、Oracle Cloudは地球上で最も包括的なクラウドとなる。Oracle Cloudは、Engineered Systemsで支えられている」(三澤氏)

  • 情報システムがもつコスト構造の課題

    クレジット

  • Fusion Applicationsのクラウド化にも取り組む

飯尾光國氏
飯尾光國氏

 システム事業戦略については、システム事業統括バイスプレジデントの飯尾光國氏が説明。「SPARC SuperCluster T4-4」の国内初の採用事例として、アウトソーシング社を紹介している。

 アウトソーシング社はM&Aで成長してきた企業であり、急速な事業拡大に対応するためにSPARC SuperClusterを採用したことを示しながら、これにより、5年間で約2億円の投資対効果、業務効率の改善で年間1000万円のコスト削減効果が出ると試算。チューニングが不要であること、柔軟性があることなどの特徴を強調してみせた。

 システム事業では、Engineered SystemsとSPARC製品をはじめとする汎用的なサーバ製品群、テープやストレージといった3つのハードウェア製品群を柱として展開すると語っている。

 「現在、国内では2500社がSPARC/Soralisを利用している。この分野では新規顧客の獲得にも挑む。SPARC製品は2010年以降、ロードマップ通りに製品を投入しており、今年もそれは変わらない。3つの柱を通じて、お客様のITインフラ全体に対して、幅広く提案していくことができる」(飯尾氏)

  • SuperClusterでは国内初の導入事例も発表された

  • SPARC / Solarisの2015年までのロードマップ

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]