編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Citrix CloudGateway」新版--アプリケーションへのアクセス管理を一元化

田中好伸 (編集部)

2012-07-12 17:35

 シトリックス・システムズ・ジャパンは7月12日、「Citrix CloudGateway 2」と新しい「Citrix Receiver」を発表した。CloudGateway 2は7月13日から提供する。Receiverは7月下旬から無償でダウンロードできる。

 CloudGatewayは、アプリケーション仮想化ソフトウェア「Citrix XenApp」やクライアント仮想化ソフトウェア「Citrix XenDesktop」といった基盤上で配信されるアプリケーションに加えて、ウェブアプリケーションやSaaS、モバイル端末のアプリなどを統一されたスキームでエンドユーザーに提供するためのゲートウェイ。ReceiverはWindowsやMac、Linuxに加えてiOSやAndroidなどのモバイル端末に対応し、エンドユーザーがアプリケーションやデータに安全にアクセスできる仕組みを提供する。

 新版となるCloudGateway 2では、さまざまな端末から企業が利用するさまざまなタイプのアプリケーションへのアクセスを一元管理する。IT管理者は、スマートデバイス用のモバイルアプリを含む、さまざまなタイプのアプリケーションへのアクセス管理とポリシーを適用できるようになっている。

 CloudGateway 2はシングルサインオン(SSO)機能を提供する。ディレクトリサーバにある一組のIDとパスワードを使用して、アプリケーションにアクセスできるようになる。エンドユーザーはReceiverに表示されるアイコンを選択すれば、CloudGatewayを経由して、ユーザー認証終了後の画面に進むことになる。

 例えば、新しい従業員が来た場合、ディレクトリサーバに登録されたその従業員の属性に基づき、あらかじめ決められた標準的なアプリケーションに対してIDが割り当てられる。その従業員は、入社した当日からReceiverに表示されるアプリケーションを利用できるようになる。退職する日には、ディレクトリサーバ内のIDを停止するだけで、それまでアクセス権のあったすべてのアプリケーションへのアクセスはできなくなる。

 CloudGateway 2では、iOSやAndroidといったネイティブのモバイルアプリにもポリシーを適用して配信する。CloudGateway 2で配信されるアプリケーションは安全なコンテナの中で動作する。例えば起動時に必ずパスコード入力を求め、決められた回数以上間違えた場合、そのアプリケーションとデータを端末上から削除するといった仕組みを追加できるようにもなっている。データもコンテナの中で隔離され、ほかのアプリケーションからはアクセスできない仕組みにもなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]