編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

米Oracle、デスクトップ仮想化ソフトウェアの最新版を発表

ZDNet Japan Staff

2012-08-17 17:30

 米Oracleは、さまざまな端末からデータセンター内のアプリケーションにウェブベースでアクセスできるデスクトップ仮想化ソフトウェアの最新版の提供を開始したと発表した。

 発表したのは「Oracle Secure Global Desktop 4.7」。マルチモニター構成への対応に加え、充実したグラフィックと音声機能を通じたユーザー体験の改善、セキュリティ機能の高さが特徴という。

 対応するサーバ用OSとブラウザのバージョンを拡大。Oracleだけでなく、他社のウェブベースのアプリケーション、Windows、Linux、UNIX上で稼働する一般的なアプリケーションなど、サーバベースのアプリケーションに広く対応し、企業がアプリケーションを提供する際のリスクや必要な時間、およびコストを軽減できるとしている。また、Oracle VM Templatesを使い、仮想化環境への展開も可能にした。

 Oracle Secure Global Desktopは、仮想化の製品ラインの一部として、ユーザーがアプリケーションからディスクまで、ハードウェアとソフトウェアを仮想化し、一貫して管理できるようにする製品。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]