編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイオス、統合監視ソフト「Zabbix」向けクラスタリングソフト

田中好伸 (編集部)

2012-09-04 15:23

 サイオステクノロジーは9月4日、クラスタソフトウェア「LifeKeeper」のオプションとして「Recovery Kit for Zabbix」の販売を開始した。ミラクル・リナックスが提供するオープンソースソフトウェア(OSS)の統合監視ソフト「Zabbix」を利用した監視用サーバの可用性を高められるという。

 Recovery Kit for Zabbixはサイオスとミラクルが共同で開発した。LifeKeeperはARK(Application Recovery Kit)フレームワークで複雑なスクリプトを作成せずにGUIでアプリケーションをクラスタ化することができる。

 今回のRecovery Kit for Zabbixは、ARKの機能を活用してZabbixのサービスを提供するための、httpdやzabbix-server、mysqldといったプロセスの死活、稼働状態の監視機能を提供する。Zabbixが稼働するサーバをLifeKeeperでクラスタ化して可用性を高められると説明する。

 Recovery Kit for Zabbixを利用することで、Zabbixが稼働するサーバの障害を検知して、必要に応じてフェイルオーバーが可能になる。ソフトウェアやハードウェアの障害の際にも監視サービスを継続できるとメリットを説明している。サポートするOSはRed Hat Enterprise Linux 6とCentOS 6。LifeKeeper v8に対応する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]