編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

奈良先端科学技術大学院大学、災害対策にコンテナ型データセンターを導入へ

ZDNet Japan Staff

2012-09-24 15:43

 奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は、災害時のバックアップ環境として、NECのコンテナ型データセンターを活用する。12月からの稼働を予定している。受注したNECが9月24日に発表した。

 NAISTでは、災害対策の研究と評価、実現を目的として、学内にデータセンターの設置を計画していた。検討の中で、短期間かつ低コストで導入可能であり、さらに運用保守が容易でもあるコンテナ型データセンターの採用を決めた。

 導入後は教育研究システムの可用性を高め、バックアップ環境を充実させるとともに、研究室の既存サーバを本データセンターに集約してサーバの効率的利用を図る。

 今回採用されたコンテナ型データセンターはNECフィールディング製。また、データセンターの基礎部分に空調機などを収納することで、より広いラックスペースを確保しており、最大14ラック設置可能な構造だという。コンテナ本体は耐震構造で、搭載されるラックも免震装置を装備しており、万一の震災時でもデータの安全を確保するとしている。

 NAISTでは今後、沖縄科学技術大学院大学(OIST)や北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)と連携し、相互バックアップシステムを構築することも計画している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]