編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ウイングアークとテラデータが協業--MotionBoardがTeradata DBに対応

田中好伸 (編集部)

2012-10-04 17:12

 ウイングアークと日本テラデータは10月4日、大規模ビジネスインテリジェンス(BI)システム領域で協業することを発表した。ウイングアークは日本テラデータのパートナー企業支援制度「Teradata Partner Network」に参加する。

 協業の第1弾として、ウイングアークが開発、提供するデータ可視化ツール「MotionBoard」とテラデータのデータウェアハウス(DWH)専用データベース(DB)「Teradata Database」を連携させる専用アダプタ「MotionBoard Adapter for Teradata Database」を開発する。2013年3月までにリリース予定のMotionBoard Ver4.1のオプションとして提供する。

 MotionBoardは、もともとウイングアークが提供するBIエンジン「Dr.Sum EA」専用のBIフロントツールとしてダッシュボード機能を提供していた。だが、2011年8月から単独のブランドとして提供されている。単独の製品となってからは、Dr.Sum EA以外の一般的なDB、Oracle DatabaseやSQL Server、IBMのDB2、MySQLに対応するようになっている。Salesforce.comのPaaS「Force.com」上で利用できる「MotionBoard for Salesforce」も提供されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]