編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ウイングアークとテラデータが協業--MotionBoardがTeradata DBに対応

田中好伸 (編集部)

2012-10-04 17:12

 ウイングアークと日本テラデータは10月4日、大規模ビジネスインテリジェンス(BI)システム領域で協業することを発表した。ウイングアークは日本テラデータのパートナー企業支援制度「Teradata Partner Network」に参加する。

 協業の第1弾として、ウイングアークが開発、提供するデータ可視化ツール「MotionBoard」とテラデータのデータウェアハウス(DWH)専用データベース(DB)「Teradata Database」を連携させる専用アダプタ「MotionBoard Adapter for Teradata Database」を開発する。2013年3月までにリリース予定のMotionBoard Ver4.1のオプションとして提供する。

 MotionBoardは、もともとウイングアークが提供するBIエンジン「Dr.Sum EA」専用のBIフロントツールとしてダッシュボード機能を提供していた。だが、2011年8月から単独のブランドとして提供されている。単独の製品となってからは、Dr.Sum EA以外の一般的なDB、Oracle DatabaseやSQL Server、IBMのDB2、MySQLに対応するようになっている。Salesforce.comのPaaS「Force.com」上で利用できる「MotionBoard for Salesforce」も提供されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]