編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

NTTデータなど、テラデータ製品活用したビジネスアナリティクスを展開

田中好伸 (編集部)

2012-04-18 16:57

 NTTデータ、NTTデータ ウェーブ、日本テラデータの3社は4月18日、Teradata Databaseの分析エンジンを活用したビジネスアナリティクスを共同で展開することを発表した。

 今回の協業では、SAS Institute Japanのソフトウェアの分析プロセスの主な機能をTeradata Database上で実行する「SAS In-Database」をユーザー企業に提案していく。NTTデータなど3社はすでに、SAS In-DatabaseとTeradata Databaseを共同で検証し、性能と拡張性の有効性を確認している。ビッグデータの分析でも高速化を確認しているという。

 NTTデータは金融や小売り、製造などの業種を想定して、SAS In-Databaseの評価を順次実施する。NTTデータ ウェーブは既存のデータ資産をIn-Database処理に移行した際の効果を検証するアセスメントサービスと、In-Database処理を最大限活用したシステムの設計と構築のサービスを提供する。

 テラデータは評価やアセスメントに必要な製品を2社に提供する。ユーザー企業への提案や導入、プロモーションは3社が共同で展開していく。

 SAS In-Databaseは、従来SASサーバで実行していたモデリングやスコアリングなどの分析処理をTeradata Database側で実行し、処理済みの最終的な分析結果だけをSASサーバに返すという仕組み。SASの高度な分析をTeradata Databaseのアーキテクチャの超並列処理で直接実行するため、高速な分析処理が可能となるという。

 SASサーバとTeradata Database間のデータ転送量が削減されることで、処理時間も大幅に短縮されるとしている。Teradata Database上でサンプルデータだけでなく、データセット全体をモデリングするため、分析の速度と精度も向上するという。

図 SAS In-Database処理のメリット
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]