編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

日立のBladeSymphonyとHA8000がWindows Server 2012に対応

田中好伸 (編集部)

2012-11-21 17:07

 日立製作所は11月21日、垂直統合型システム「BladeSymphony」とIAサーバ「HA8000」シリーズをサーバOS「Windows Server 2012」に対応させたことを発表した。仮想化やクラウド基盤向けに性能を強化した新製品群を11月22日から販売する。

 小規模な仮想化環境や物理環境に対応する「Windows Server 2012 Standard」とプライベートクラウドなど大規模で集約率の高い仮想化環境に対応する「Windows Server 2012 Datacenter」の2ライセンスに対応。OSをサーバにインストールしたプリインストールモデルとOSが入ったメディアをサーバに添付するバンドルモデルの2形態で提供する。サーバ購入時にClient Access License(CAL)を一緒に購入できるオプションサービスも提供する(CALは、サーバに接続するデバイスやクライアントマシンごとに購入するライセンス)。

 BladeSymphonyのブレードサーバ「BS2000」と「BS500」の両シリーズが対応する。BS500シリーズの「BS500Hサーバブレード」、HA8000シリーズの「HA8000/RS220-h」「HA8000/RS210-h」で選択できるプロセッサのラインアップにXeonシリーズのE5-2637とE5-2609を追加している。

 32Gバイトの「LRDIMM」をサポートし、メモリ容量がBS500Hサーバブレードでは従来の1.5倍となる最大768Gバイトに、HA8000/RS220-hとHA8000/RS210-hでは従来の2倍となる最大768Gバイトに拡大している。LRDIMM(Load Reduced Dual In-line Memory Module)はメモリモジュールの種類の一つ。RDIMM(Registered Dual In-line Memory Module)と比較して、サーバ1台あたりのメモリ枚数を多く搭載でき、メモリを大容量化できるという。

 HA8000シリーズの「HA8000/RS110」「HA8000/TS10」「HA8000/SS10」で選択できるプロセッサのラインアップにXeonシリーズのE3-1200 v2ファミリを追加、従来比最大約1.2倍の処理性能となり、ストレージ容量を従来比1.5倍に強化している。

 これまでHA8000シリーズに標準で添付されていた「Hitachi Server Navigator」の対象サーバに、今回新たにBS2000とBS500を追加する。Hitachi Server NavigatorはBIOSをはじめとするファームウェアやドライバなどの更新作業を容易に実行できる。今回、システム導入時のOSインストールのパラメータ入力の一括化機能が追加され、サーバ内蔵のRAIDの設定手順の簡略化など機能も強化されている。

 新製品群に搭載されるWindows Server 2012は、日立のサポートサービス「日立サポート360」の対象になる。HA8000シリーズの「かんたん仮想化ソリューション」のラインアップに、仮想サーバ上にWindows Server 2012が稼働する仮想化環境を構築するサービスを追加して、2013年1月から提供する。かんたん仮想化ソリューションは、システム構築やサーバ仮想化環境の設定などを完了した状態でサーバを納入し、運用支援や問題解決支援などをセットで提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]