編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ユニシス、「Teradata Aster」販売--SQL文でMapReduce処理を実行

田中好伸 (編集部)

2013-01-09 15:31

 日本ユニシスは1月9日、ビッグデータ分析向けソリューション「Teradata Aster」の販売を開始した。日本テラデータと販売代理店契約を結んだ。

 Teradata Asterは、ソフトウェアの「Asterデータベース」と関数ライブラリ「Aster MapReduce Analytics Portfolio」、これらをインストールして提供されるアプライアンス「Teradata Aster MapReduce Appliance」などで構成される。

 Asterデータベースは、リレーショナルデータベースとMapReduce技術を統合した並列処理型のソフトウェア。MapReduceは、大量のデータをクラスタ上で分散して並列処理するアプリケーションを作成するためのソフトウェアフレームワークになる。

 Teradata Asterは、独自技術の「Aster SQL-MapReduce」を活用することで、既存のSQL文でビッグデータにアクセスできるようになっていると説明する。Aster MapReduce Analytics PortfolioはMapReduce処理の関数としてパッケージ化されたものであり、50以上が用意されている。

 分析するエンドユーザーは、この関数をSQL内で呼び出すことで、簡単にMapReduce処理を実行できるという。オープンソースの分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」と統合、相互に連携するためのモジュール「Aster SQL-H」も利用できる。

図
※クリックすると拡大画像が見られます

 税別価格は、Asterデータベースが700万円から、Aster MapReduce Applianceが最小構成で4130万円から。ユニシスはテラデータのパートナー企業向けプログラム「Teradata Partner Network」に参加しており、今回の契約は同プログラムの中で初と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]