編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ユニシス、「Teradata Aster」販売--SQL文でMapReduce処理を実行

田中好伸 (編集部)

2013-01-09 15:31

 日本ユニシスは1月9日、ビッグデータ分析向けソリューション「Teradata Aster」の販売を開始した。日本テラデータと販売代理店契約を結んだ。

 Teradata Asterは、ソフトウェアの「Asterデータベース」と関数ライブラリ「Aster MapReduce Analytics Portfolio」、これらをインストールして提供されるアプライアンス「Teradata Aster MapReduce Appliance」などで構成される。

 Asterデータベースは、リレーショナルデータベースとMapReduce技術を統合した並列処理型のソフトウェア。MapReduceは、大量のデータをクラスタ上で分散して並列処理するアプリケーションを作成するためのソフトウェアフレームワークになる。

 Teradata Asterは、独自技術の「Aster SQL-MapReduce」を活用することで、既存のSQL文でビッグデータにアクセスできるようになっていると説明する。Aster MapReduce Analytics PortfolioはMapReduce処理の関数としてパッケージ化されたものであり、50以上が用意されている。

 分析するエンドユーザーは、この関数をSQL内で呼び出すことで、簡単にMapReduce処理を実行できるという。オープンソースの分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」と統合、相互に連携するためのモジュール「Aster SQL-H」も利用できる。

図
※クリックすると拡大画像が見られます

 税別価格は、Asterデータベースが700万円から、Aster MapReduce Applianceが最小構成で4130万円から。ユニシスはテラデータのパートナー企業向けプログラム「Teradata Partner Network」に参加しており、今回の契約は同プログラムの中で初と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]