編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ワイズ、シンクライアント新製品--仮想デスクトップや3Dにも対応

田中好伸 (編集部)

2013-03-25 16:00

 ワイズテクノロジーは3月25日、シンクライアントの新製品「Wyse D class」シリーズを発表、「Wyse D90D7シンクライアント」と「Wyse D90DWシンクライアント」の販売を開始した。どちらも価格はオープン。D90D7は「Microsoft Windows Embedded Standard 7」に対応、D90DWは「Microsoft Windows Embedded Standard 2009」に対応する。

 デュアルコアを搭載するD classシリーズは、CitrixやMicrosoft、VMwareなどの仮想デスクトップ基盤(VDI)での業務利用に最適と説明。「Citrix Receiver」「Microsoft RDP」 「VMWare View Client」などの必要なローカル機能が搭載されている。


D90DW/D90D7

 アプリケーションのプロファイルを自由に変更してカスタマイズでき、マルチメディアをサポートするための入出力インターフェースで音声や映像などのコンテンツをエンドユーザーは自由に活用できるという。ハードウェアアクセラレータを搭載したデュアルコアプロセッサとデュアルHDモニタなどの機能で2Dや3D、HDの映像に対応している。

 D90シリーズは、管理ソフトウェア「Wyse Configuration Manager」に対応している。Configuration Managerは、端末アセットの管理、ファームウェアやパッチの配信、リモート制御機能などを担う。CitrixやMicrosoft、VMwareなどの接続設定を一括で設定するソフトウェア「Wyse Device Manager」に対応している。パッチ処理のほかにアドオンやファームウェアのアップデート管理も簡素化できると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]