4Dプリンティング--新たなフロンティア

Oliver Marks (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2013年04月03日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザインの基本原理が大きく変わりつつある。ナノテクノロジやバイオテクノロジの原理を採用した、材料や生産手法の新たな展開によるものだ。

 現在のところ、新世代の積層造形法による3Dプリンティングは、いくつかの種類のプラスチックと柔らかい金属を消耗材料として使い、CADファイルからオブジェクトを作り出すことに限られているが、4Dプリンティングには大きな可能性がある。

 4Dプリンティングでは、ナノバイオテクノロジーの進歩がマクロ規模で応用され、時間の経過とともに形を変えるようにプログラムすることができる新素材が用いられる。私は3月第2週初め、Autodeskバイオ・ナノ・プログラム可能物質グループのリーダーを務めるCarlos Olguin氏に会い、同13日にはMITのSkylar Tibbits氏StratasysのDaniel Dikovsky氏と話し、この新たな産業がどのように生まれようとしているか、関係者がどのように協力し合っているかを探った。

 4Dプリンティングの第4の次元は、水や空気に触れたり、温度変化にさらされたりすると、時間の経過とともに変形や変化を起こして自己組織化する材料のことを指す。4Dオブジェクトのフォーマットには、設計者が作成に使う材料の性質を定義することができるAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)が用意される見込みであり、洗練された化学的キャリブレーションを用いてプリントして、特定の特性や機能を持たせることが可能になるだろう。

 1970年代に起こった「Homebrew Computer Club」(初期のコンピュータを趣味とする人々の集まり)の活動からDOSや初期のPCが生まれた頃のように、この新しい「4D」のフロンティアにも(現代の4Dのコンセプトを初めに考えたのは、Skylar Tibbits氏だ)、興味深いプレイヤーが参加している。Autodeskは、生命科学の分野で大きな存在になりつつあり、ナノスケールでのデザインツールを提供している。これらは、建築設計にも機械設計にも使える同社の普遍的なデザインツールから派生したものだ。同社は現在、ミクロの世界がマクロの世界に影響を与えることに気づいている。また学術分野も、この揺籃期にある産業の最前線でAutodeskを初めとする企業と協力し、コーダーやデザイナーが利用できる標準やAPIを作ることでこの分野を普及させようと努めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算