SAP、クラウド事業を本格展開--“Cloud FirstでCloud Fast” - (page 2)

大河原克行

2013-06-05 13:28

リアルタイムビジネスにはクラウドが不可欠

 SAPジャパン代表取締役社長の安斎富太郎氏は、クラウド事業のメリットについて「競争優位に立つためにアイデアを生み出すスピード、アイデアを実装するスピードを実現することが必要だが、ここで発生する制約を取り払うためにはクラウドを活用することが適しており、クラウドで動かすことで、コストも低くでき、時間軸も速くできる。Cloud Firstであり、Cloud Fastを実現できる。SAPは、リアルタイムを実現することが創業以来の経営理念であるが、これを実現するためにはクラウドが不可欠である」と説明した。

 「SAPには、Success Factorsによるクラウドネイティブ企業としてのDNAを持ち、Aribaではオンプレミスからクラウドへと100%シフトした企業のDNAを持つ。そして、HANAという単一でオープンなプラットフォーム基盤を持っている。この3つの要素を持っているのはSAPだけであり、だからこそクラウド事業に参入すべきであり、それに向けた準備ができている」(安斎氏)


SAPジャパン 代表取締役社長 安斎富太郎氏

 安斎氏は「2012年5月に、SAPはすべてがモバイルになり、すべてがクラウドになり、すべてがインメモリになると宣言したが、すでにエンタープライズモバイルでは世界一の売上高であり、クラウドではすでに2900万ユーザーという世界一のユーザー数がある。そして、インメモリのHANAは平均2.5倍のペースで成長している。日本でも、クラウドはSuccess Factorsが年率70%増で成長し、モバイルは4倍、HANAは3倍という成長を遂げている」などと各分野での成長について言及した。

 「今回のクラウド事業への本格参入によって、6万8000人のすべてのSAP従業員がクラウドに関与し、これまでの資産を活用することで、5億人のユーザーがSAPのクラウドを活用する可能性がある。また、Ariba Networkの40兆円の年間取引高はクラウド戦略がSAP全体に広がることで1200兆円以上になる」(安斎氏)

 安斎氏は「日本では現在、Success FactorsとAribaをあわせて、50社を超えるユーザーが当社グループのクラウドサービスを活用しているが、これを3桁(100社以上)には持って行きたい。今年度は、売り上げよりも顧客を増やすことに力を注ぐ」と意欲を見せた。「データセンターについては、米国の西海岸、東海岸、ドイツの拠点を活用するが、将来的にはアジアパシフィックへの展開も行っていきたい。また、パートナー連携も検討していきたい」と今後を語った。


SAPジャパン バイスプレジデント クラウドファースト事業本部 本部長 馬場渉氏

 SAPジャパン バイスプレジデント クラウドファースト事業本部 本部長 馬場渉氏は「クラウドファースト事業本部は、Success FactorsとAribaの2つの事業会社と、Money、Customerなどの領域別の専門組織で構成される」と説明した。

 「ダイナミックアダプションという方式を用いて、これまでのように慣習に従って順番に導入するのではなく、順序もタイミングも自由にバラバラにサービスを導入する形態を採用していくことになる。従来のライセンスをクラウド上でも、そのまま活用するBYOL(Bring Your Own License)や、サブスクリプション形式を採用。地域性や産業別といった観点から、ITパートナーや、産業領域別のパートナーとの連携を図っていく。今年はSAPのクラウドイヤーとして、さまざまな施策をオープンにしていく。米国では2013年度第1四半期においてクラウド単体で利益が出ている」(馬場氏)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]