最近よく聞くグーグルの「Chromebook」って?

Sam Shead (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2013年06月18日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以下では、Googleの「Chromebook」について知っておくべきことと、この製品が従来のノートPCとどう違うのかについてQ&A形式で説明していく。

--まず最初に教えてほしいんだけど、Chromebookって一体どんな製品なの?

 Chromebookとは、広く普及しているMicrosoftの「Microsoft Windows」やAppleの「OS X」といった基本ソフトじゃなく、Googleの「Chrome」という基本ソフト、すなわち「Google Chrome OS」が稼働するノートPCのことなんだ。

 Chrome OSを搭載したノートPCは、サムスンやAcer、Hewlett-Packard(HP)といった複数のメーカーのものが販売されていて、英GoogleのChromebookストアだと現在5種類のChromebookが199~1049ポンドの価格で販売されているよ。また英Amazonでは、サムスンの「Samsung Chromebook」が数カ月にわたってノートPC販売のトップ5位に入っているね。

 ところでChrome OSっていうのは、WindowsやOS Xが基本ソフトとしてインストールされているノートPC上にインストールできるChromeウェブブラウザと本質的に同じものなんだ。つまり簡単に言うと、Googleはウェブブラウザを基本ソフトに変えちゃったというわけさ。

--通常のノートPCとはどう違うの?

 Chromebookには、文書の作成や、楽曲の再生、写真の編集といった作業ができるようにGoogleアプリが複数搭載されているんだ。それらはWindowsでおなじみの「スタートボタン」じゃなく、「Android」のようにタスクバーの下からポップアップしてくるアプリメニューで起動するんだけど、ほとんどのタイルはオンラインツールやウェブサイトをオープンするだけのものとなっているんだ。

 また、他にもたくさんのアプリがChromeウェブストアからダウンロードできるようになっていて、それらは自動的に最新のバージョンに保たれ、ソフトウェアパッチのダウンロードやインストールに長々と時間を割かなくてもよくなっているんだ。

 さらに、Chromebookには「Google Drive」というオンラインファイルストレージサービスが付いてくるから、ユーザーはコンテンツを保存するために、通常は100Gバイトまでのストレージを最初の2年間、無償で利用できるんだ。だからChromebookのユーザーなら、自分のアカウントにログインするだけで、どんなデバイスからでも自分のコンテンツやファイルにアクセスできるし、他の人と共有することもできるわけさ。

 ウェブベースの基本ソフトを採用したことで、Chromebookはブラウザ内からインターネット経由でアクセスできるクラウドベースのツールを活用してもらおうとしているんだ。例を挙げると、写真の編集には「Pixlr」アプリ(Chromeウェブストアから無償で利用可能)、文書の作成には「Google Docs」を使用することができるね。

 Chromebookにも、その他のノートPCで搭載されているような標準的なポートやハードウェア機能のほとんどが搭載されているんだけど、ハードディスクの容量は大幅に小さくなっているんだ。これは、ユーザーがほとんどのコンテンツをGoogle Driveというオンラインストレージプラットフォーム上に格納するとGoogleが想定しているためだね。

 セキュリティは最初から製品に組み込まれているから、セキュリティソフトウェアを別途インストールする必要もないんだ。Chromebookは起動時に、システムが改ざんされていないかどうかを確認するためのセルフチェックを自動的に実行し、セキュリティアップデートも自動的にダウンロードするようになっているのさ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]